みんなの部屋

一人暮らしDIY男子の“抜け感”のある暮らし(大田区)|みんなの部屋

気づけば10月、引っ越しシーズンです。まさに今、新生活をはじめるにあたり、次のお部屋を探している人は少なくないはず。 今回お会いしたGinさんが、今のお部屋に決めた決め手は「何もない箱だったから」とのこと。一体どういうことなのでしょうか。 興味を惹かれ、その真意を探りに行きました。 お名前:Ginさん 住宅スペック:1R(27平米) 職業:不動産系 場所:大田区 家賃:非公開 築年数・形態:約30

LIVING

新着記事をもっと見る

SPECIAL

価値観が多様化する現代、ブランドはどのようなフィロソフィーの下に、モノやサービスを提供しているのか? 彼らが描く未来像やあり方を解き明かすことで、我々もまた、未来に向けてどのようにあり得るのかを考えていきます。

増税前にコレが買い!の記事をもっと見る

身軽スタイルの記事をもっと見る

アウトドアな家暮らしの記事をもっと見る

10年後も手放さないモノ

思い入れのあるモノから、その人の暮らしが見えてくる

このインタビュー連載をもっと見る