みんなの部屋

週に2回模様替えする時も。ファブリックとディスプレイを巧みに使いこなす博多女子の部屋(福岡県福岡市)|みんなの部屋

気分によってお部屋をさっと変えるにはどうしたらいいんだろう? 部屋は限られたスペースだからこそ、「簡単な模様替えでお部屋の雰囲気をガラッと変える方法」を知りたい! そこで、多いときは週2回模様替えをするという、芳丸さん宅にお邪魔してきました。 福岡は主要な駅の1つ博多駅や、ショッピングエリアの天神から徒歩20分ほどのエリア。 お部屋の「住みやすさ」とは、「変えやすさ」ってことなのかも、そう教えてく

LIVING

新着記事をもっと見る

SPECIAL

いよいよルーミーにとって待望の冬が到来。寒いこの時期だからこそ、部屋にこもって身体をいたわったり、キレイになったり、精神的にも豊かになったり。そこで本特集では、ルーミーなりの「冬ごもり」を探求していきます。

pick up

編集部おすすめ

独り身の三十代男性とは、寒ブリである|同棲ソー・ヤング

同棲。 それは、荒涼な砂漠の先に揺らぐ蜃気楼のような、打ち上がっては消えてゆく花火のような、熱にほだされて見る白昼夢のような、日常の先にじんわりと浮かぶ儚い幻だ。 だがしかし、30歳を過ぎると、学生時代の友人も、職場の仲間も、SNSに出現する友達の友達も、どうやらすごい勢いで恋愛をして、結婚して、子どもも産まれて、ガシガシと日常をアップグレードしている。ミスチルがかつて歌ってた、「同年代の友人達が

PRIVATE ROOM

増税前にコレが買い!の記事をもっと見る

身軽スタイルの記事をもっと見る

アウトドアな家暮らしの記事をもっと見る

10年後も手放さないモノ

思い入れのあるモノから、その人の暮らしが見えてくる

このインタビュー連載をもっと見る