みんなの部屋

暮らしと仕事をひとつの空間に。生活雑貨屋を営む夫婦が、この部屋で目指すこと(世田谷)|みんなの部屋

人気連載「みんなの部屋」vol.113。部屋づくりのアイディア、お気に入りの家具やアイテムなどの紹介を通して、リアルでさまざまな「暮らしの在り方」にフォーカスします。 学芸大学駅から少し離れた住宅街に高くそびえる、ヴィンテージマンション。ぐるり360度視界をを遮るもののないその場所は、まさに“見晴らしの一等地”。 そこに暮らすのは、うつわと生活雑貨の店「threetone」を営む松永さん夫婦。マン

LIVING

新着記事をもっと見る

SPECIAL

価値観が多様化する現代、ブランドはどのようなフィロソフィーの下に、モノやサービスを提供しているのか? 彼らが描く未来像やあり方を解き明かすことで、我々もまた、未来に向けてどのようにあり得るのかを考えていきます。

pick up

編集部おすすめ

家のこと、考え始めました

たとえるならば、鎌倉から新宿まで徒歩10分の暮らし ー地方での暮らしを積極的に選ぶ生き方もアリじゃない?

ここ数年で「地方移住」を具体的に検討して実行に移している人が増えているのをご存知ですか? 特に20代から30代を中心に、地方移住を支援する「認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター」の利用者が増えていて、この10年で10倍以上にもなっているのだとか。 実は私自身も憧れはあるのですが、生まれてからずっと東京に住んでいるので、憧れ以上に「不便さ」のイメージが大きくて尻込みしてしまいます。 そこで、今回

LIVING

Sponsored

増税前にコレが買い!の記事をもっと見る

身軽スタイルの記事をもっと見る

アウトドアな家暮らしの記事をもっと見る

10年後も手放さないモノ

思い入れのあるモノから、その人の暮らしが見えてくる

このインタビュー連載をもっと見る