みんなの部屋

子育て家族が、マンションと悩んで「建売の一戸建て」を選んだワケは?(中野)|みんなの部屋

人気連載「みんなの部屋」vol.126。部屋づくりのアイディア、お気に入りの家具やアイテムなどの紹介を通して、リアルでさまざまな「暮らしの在り方」にフォーカスします。 今回は都内の一戸建て、部屋というより“家”を見せてもらいました。 JR中野駅から徒歩圏内。駅前の喧騒から離れていながら、表通りに面したモダンな一戸建て。 まだ新しい香りのする家で、キリンのグループ会社・メルシャンにお勤めの山田一幸さ

LIVING

新着記事をもっと見る

SPECIAL

いよいよルーミーにとって待望の冬が到来。寒いこの時期だからこそ、部屋にこもって身体をいたわったり、キレイになったり、精神的にも豊かになったり。そこで本特集では、ルーミーなりの「冬ごもり」を探求していきます。

pick up

編集部おすすめ

独り身の三十代男性とは、寒ブリである|同棲ソー・ヤング

同棲。 それは、荒涼な砂漠の先に揺らぐ蜃気楼のような、打ち上がっては消えてゆく花火のような、熱にほだされて見る白昼夢のような、日常の先にじんわりと浮かぶ儚い幻だ。 だがしかし、30歳を過ぎると、学生時代の友人も、職場の仲間も、SNSに出現する友達の友達も、どうやらすごい勢いで恋愛をして、結婚して、子どもも産まれて、ガシガシと日常をアップグレードしている。ミスチルがかつて歌ってた、「同年代の友人達が

PRIVATE ROOM

増税前にコレが買い!の記事をもっと見る

身軽スタイルの記事をもっと見る

アウトドアな家暮らしの記事をもっと見る

10年後も手放さないモノ

思い入れのあるモノから、その人の暮らしが見えてくる

このインタビュー連載をもっと見る