'

未来感アリ、なエコ・キャンピングカーでノマド生活しません?

これ、欲しい!

思わずそう唸ってしまいました。

ウエストファリアといえば、数々のキャンピングカーやレジャー・アクティビティ・ビークルを送り出してきたレジェンド。特にフォルクスワーゲン・ウエストファリアといえば、ヒッピー文化の象徴ともいわれているキャンピングカー。

160317_roomie_van01

そんなフォルクスワーゲン・ウエストファリアを、カナダ人デザイナーのアレクサンドル・ヴェルディエさんが現代風にリアレンジしたモデルが、話題になっています。

160317_roomie_van04

屋根の部分は全面的にソーラーパネルになっていて、GPSシステムを駆使して最大限に太陽光を取り入れられるようになっているそうです。

エンジンはディーゼルハイブリッドを採用、電気未使用時にはリサイクル野菜油で走るようになっています。完全エコ仕様といえそうですね。

また、空気圧サスペンションによって車体全体を低くすることで、“ホーム”としての快適さと安定性を得られるようになっています。寝心地もよさそうです。

160317_roomie_van03

調理スペースは、コンパクトなスペースを最大限活かせる作りになっていますね。

ヴェルディエさん曰く、「テクノロジーの新しい使い方だと思います。自然に負担なく溶け込むような車を作りたかった」んだそう。

価格は26,000ドル〜69,000ドル予定。いつ発売されるのか、気になります!


Volkswagen Westfalia Verdier Solar Powered Mobile Micro Home
MY MODERN NET

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

クラブミュージックや映画、料理、ファッションなどカルチャー系のフリーエディター。ウェブはもちろん紙の媒体もこよなく愛しています。最近の口癖は“自分、何でもやります”です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事