ハンドドリップみたい。好みの「味」を記憶する次世代コーヒーメーカー

いろんなコーヒー豆や淹れ方、器具にこだわってコーヒーを楽しむ人って、たくさんいますよね。コーヒーを淹れることから毎日をはじめる人も多いのではないでしょうか?

こだわりがあるからこそハンドドリップで淹れたいけど、毎朝はちょっと面倒だったり、味にムラが出て上手にできなかったり……。

〈HARIO〉の「V60オートプアオーバーSmart7」は、温度、お湯の量、お湯を注ぐスピードを設定して、ドリップをカスタマイズできるコーヒーメーカー。

3つの温度と2つのスピードを選択するだけの「オートモード」と、細部まで設定できる「レシピモード」で、自分好みのコーヒーを楽しめます。レシピモードは、抽出時の温度は80〜96度まで、お湯の量は270〜700mlまで10ml単位で、お湯を落とすスピードは1秒単位で設定できるんです。

抽出の設定を保存できるので、気に入った一杯を、次回も同じように淹れることもできます。

160316Smart7_01

「Smart7」のウェブサイトにはスペシャルレシピとして、バリスタ尾籠一誠さんのレシピが紹介されています。

160316Smart7_02

自分だけの好みの味をいつでも追求できるので、いつもの一杯も、特別な一杯も手軽に楽しめちゃいますね。余裕のない朝だって、コーヒーを簡単でおいしくドリップできちゃいますよ。

ご購入はこちらからどうぞ。

Smart7
V60 オートプアオーバー Smart7HARIOネットショップ

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

.apartmentでウェブや音楽をつくっています。毎日ふ菓子を食べたり、深夜にパフェをおかわりしたりします。日課は、珈琲・引用ブックマーク。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事