まるで壁が映画館。小型プロジェクターの描写力がすごい

家の壁がどこでも大画面になったら、便利すぎると思いませんか?

テレビもパソコンもゲームも、全部大画面で楽しめちゃう!

201603_11_LSPX-P1_03

ソニーの「LSPX-P1」は、家の様々な場所に動画や静止画を投影することができるポータブルプロジェクターです。

このプロジェクターの特徴は“超短焦点”であること。

プロジェクターといえば壁から離して使ったりしなくてはならないものでしたが、小型の超短焦点レンズや光学モジュールを内蔵することによって壁際におくだけで22インチから最大80インチの大きさで投写することができちゃいます。

いままでは自分の後ろに置いていたので、いいところで誰かが横切って陰が……なんてこともありましたが、そんなこともなくなるんですね。テクノロジーの進歩すぎる。

201603_11_ECLSPX-P1_01

バッテリーとスピーカーも内蔵しているので、本当に「置くだけ」で楽しめます。コンパクトなデザインで、場所を取らないのもイイですね。また、見た目もシンプルなので、インテリアともなじみが良さそう。

さらにワイヤレスユニットが同梱されているので、TVチューナーつきのブルーレイディスクレコーダー繋げば、テレビがなくてもテレビが見れます

また、パソコンやスマートフォンなどと繋げば映像コンテンツなんかも投写できるので、家の中での“観る”という体験が変わりそうです。

プロジェクターって、壁に映すと映像が薄く映ってしまうのでは?」という心配はご無用。劇場用のデジタルシネマやホームシアター用のプロジェクター向けに開発された液晶ディスプレイデバイスを搭載しているので、クリアでメリハリのある映像表現が楽しめるそうです。サウンドも迫力あるサウンドを生み出すそうで、映像表現にこだわってきたソニーだからこそ。期待が高まりますね。

201603_11_LSPX-P1_04

また別売りのフロアスタンドを使えば、椅子やソファに座った際でも快適な目線で視聴が可能になります。フロアスタンドをつかえば給電しながら投影できるのが便利。スタンド自体もスッキリしたデザインなので空間に溶け込みます。

LSPX-P1」は現在ソニーストアや全国家電量販店などで販売中です。価格は92,500円(税別)。おうちのなかの環境をこれで変えてみてはいかがでしょうか。

ご購入は、コチラからどうぞ。

LSPX-P1 [sony]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

IT企業在勤中に「Fab(ほぼ何でも作る)」という考えに触発され、モノ作りの世界へ。自分なりの「Fab」をみつけるべく現在時計師の養成学校にて修行中。時計とスニーカーを愛し、チューンアップしたランドナーで日々放浪するアラサー男子です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事