壁に刺繍をほどこすDIY術?

心地よく、自分のこだわりの住空間をつくるためには、相当の情熱をかけたくなりますよね。

ただ、理想と現実は、時に大きくかけ離れていることも……。

160312EC.wallstitch

部屋の雰囲気を左右すると分かってはいるけど、大きな面積を占める上に一度やったら気軽に戻せない壁のDIYに関しては、どうしても臆病になってしまいます。

そんなこだわりやさんのために、壁紙より手軽で模様替えもカンタンな、部屋を一気にグレードアップさせるオーダーメイドアイテムをご紹介します。

160312wallstitch01

WALL STITCH」は、その名のとおり壁にほどこす刺繍です。

とはいっても、壁は堅いもの。どんなカラクリなのでしょうか?

「WALL STITCH」は、デザインスタジオYOYと、3Dを駆使したモノづくりをするK’s Design Labによるプロジェクト。

160312wallstitch03

ひと針ひと針丁寧に刺繍されたようなアルファベットたち、実は3D技術で作られています。

糸のような光沢にぷっくりとした質感。いくら近づいて見ても、実際に壁に刺繍されているように見えるから不思議です。

160312wallstitch3-2

つけ方はなんと、パーツを理想のバランスで壁に貼っていくだけ。

これだけで、床から天井まで全面に貼る壁紙よりも、ずっと雰囲気のあるすてきな空間になります。壁に跡が付かないから、模様替えもお手軽です。

160312wallstitch04

コンクリート、ガラス、タイル、木など、さまざまな壁面に取り付けられます。同じデザインでも、つける壁によって表情が変わりますね。

160312wallstitch05

文字だけでなく、模様も、

160312wallstitch06

色もいろいろ。

160312wallstitch07

カスタムオーダーだから、自分だけのこだわりのデザインにできます。

ダイニングルームは、大胆な刺繍でカフェのような空間に。子どもたちのプレイルームには大きなPLAY ROOMの文字を踊らせて、それぞれの寝室のドアにイニシャルを。玄関やリビングルームの壁は、季節ごとに模様替えして季節を感じるのもいいですね……。考えるだけでワクワクしてしまいます。

オーダーは、こちらのページのORDERからできますよ。

WALL STITCH

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

寄宿舎出身。哲学科出身。Fashion Marketing major出身。モヤモヤ考えるのが好きかと思えば、意外とビジュアル重視なところも。未だに「道路が水だったら泳いで学校行けるのにな」「蛇口からオレンジジュース出てきたらいいね」の頃のままの頭。好きな場所はNYと東京と言いつつフランクフルト在住。生きる糧はテレビドラマ。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事