デザインが腰痛を解決しました

背骨に負担をかけなければ姿勢も良くなる。

W Chair」は人間工学の専門家が1年掛けて設計したエルゴノミックチェア*です。

エルゴノミック:人間工学(エルゴノミクス)に基づき、人がより自然に・無理なく・効率的に扱えるよう最適化された設計・意匠・デザインのこと。

201603_04_Wchair_02

シートと両すねを支える立体構造が特徴的です。

この特殊な形状は特許をとっており、座った際の背骨への負担が軽減されるように工夫されています。

造形としてもかなりクールで、住空間にスパイスを与えてくれます。

201603_04_Wchair_05

背骨への負担を軽減、つまり、「W Chair」を使用すれば猫背になりがちな座り癖を、正しい姿勢になるようサポートしてくれます。勉強や仕事はもちろん読書の際にも良さそうです。

201603_04_Wchair_04

サイズは使用者の身長によって3種類(身長165cm±7cm、177cm±7cm、身長190cm±7cm)に分けられており、自分にフィットするモノを選ぶことができます。

201603_04_Wchair_03

3種類のシックなカラーバリエーション

「W Chair」は現在クラウドファンディングサイトのKickstarterで資金募集中です。2016年3月4日時点では早期割引枠が残っており、390ユーロ(別途日本への送料46ユーロ)で好みの色の「W Chair」の購入権をゲットできます。

姿勢を正すことによって、背中の痛みなどに迷わされず仕事や勉強、読書がはかどることでしょう。気になる方は、こちらからチェックしてみてくださいね。

W Chair [Kickstarter]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

IT企業在勤中に「Fab(ほぼ何でも作る)」という考えに触発され、モノ作りの世界へ。自分なりの「Fab」をみつけるべく現在時計師の養成学校にて修行中。時計とスニーカーを愛し、チューンアップしたランドナーで日々放浪するアラサー男子です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事