経年変化を楽しむ「9坪ハウス」 #かしこい都会の家

9坪という小さな敷地。賃貸住宅だけど、「新築」じゃなくなっても魅力的な空間にしたい。

そんな要望に応えた、ローコストながらも工夫が光る、住みごこちのよい家が「homify」で紹介されています。設計を手がけたのは、横浜にある「こぢこぢ一級建築士事務所」。

0223_main

この家は、新築の賃貸戸建て。人に貸すためにつくられた住宅なので、入居する人に魅力的に感じてもらえるデザインであるとともに、建設コストを抑える必要がありました。

0223_2

それに、賃貸住宅は10年以上経過すると、家の劣化が目立つため人気が落ちてしまう傾向にあります。

一見難しく思えるこの問題を解くカギは、「経年変化」にありました。

0223_3
0223_6

オークの無垢材を床に使用したり、天井にベイツガの荒板を取り入れるなど、使用することで味が出てくる素材をあえて使用したんです。

賃貸に無垢材は禁じ手とされてきたのですが、「適正な素材を選び、適正な塗装を施し、適正なメンテナンスを行っていけば、数十年に渡って使用できる、むしろ『賢い選択』」だと設計者の小嶋さんは言います。

0223_4

木のやわらかさに、よいコントラストを与えているのは、天井に張られた黒い鉄骨のハンガーパイプ。

観葉植物やハンモック、自転車やプロジェクター、オブジェを吊り下げられるほか、洗濯物やカーテンを吊るすこともできる仕組みなんです。入居者が変わっても、自在にインテリアが楽しめるようになっているのです。

ちなみに、ビスや釘を自由に打っていい板壁も一部用意されています。

0223_5

1階が玄関と寝室、2階がリビング・キッチンになっています。

0223_7

コストを抑えるために無駄なものを省き、入居者が自由に楽しめる「9坪ハウス」。住む人によってまったく違う空間ができそうですね。

9坪ハウス」こぢこぢ一級建築士事務所[homify

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

1983年生まれ、北海道旭川市出身。ギャラリーや書店が好きなインドア派だけど、時たま遠出することも。フリーランスのライター兼、下北沢にある「トンネル食堂」のスタッフとして活動中。趣味はペンキを塗ること。自転車で都内をぐるぐる回っています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事