DIYで、おうちを”あの童話”風にデコってみた

DIY

グリム童話に出てくるヘンゼルとグレーテルのお話、覚えていますか?

子供心を鷲づかみにするお菓子の家とは対照的に、中に住んでいるのはこわーい魔女だった、という部分がとても印象的なお話。

「そんなおとぎ話の家を実際に見てみたい!」と思った事あるかたも、少なくないはず。

なんだか夢のようなお話ですが、なんと、そのお家を実際にこの世でつくってしまった方が!

0222HanselandGretelHouse5

ロサンゼルス、カルフォルニア郊外を拠点に写真家として活躍するChristine McConnell(クリスティーン・マコーネル)さんは、ちょっと風変わりなお菓子を作る人物として有名。

そんな彼女は休暇を利用して、両親のごく普通の家を、ヘンゼルとグレーテルに登場する、あの魔女の家に大変身させてしまったのです。

0222HanselandGretelHouse2

彼女は、不気味さと楽しさを兼ね備えた、テイストのデコレーションを作ることに情熱を注ぎました。

お菓子のルックスにもこだわっていてます。例えば、断熱ボードを利用して棒キャンディーやジンジャークッキーマン、そしてそのお墓を作ったり、ナイロンのロープを屋根の上に乗せ、屋根が雪がかった様子を表現したりと、細かい部分までアイディアがいっぱいなのです。

0222HanselandGretelHouse3

ヘンゼルとグレーテル役の子供たちの衣装もすべて彼女の手作りなんだそう。

そして……一番上の階の窓。よーく覗いてみてください。なんだか気になりませんか?

0222HanselandGretelHouse4

はっ!「助けてっ!」と必死で助けを求める子供の姿が……魔女の家にひそむ不気味さも、なんとも忠実に表現されていますよね。

おどぎ話の家もここまでリアルに再現されると、もはや夢の中のお話ではなくなってしまいそうです。

Christine McConnell[official website]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事