FOODIE

知られざる草餅の魅力。東京の草餅6ブランド食べくらべ

ジェットコースターのような気温差が続いていましたが、季節はもう春。あたたかい日差しが心地よくなってきましたね。

2月から3月に旬を迎える「よもぎ」。みずみずしい香りと味を楽しむことができる草餅は、3月3日の「上巳の節句(桃の節句)」に、健康を祈って食べるものだったそう。

今回は、知られざる草餅の魅力にフォーカスして、草餅を徹底比較いたします。「和菓子のことならおまかせを」という三越伊勢丹の和菓子担当アシスタントバイヤー・遠藤理紗さんに、日本橋三越本店・伊勢丹新宿店より6ブランドの草餅をセレクトしていただきました。


自分好みの草餅を見極める4ポイント

20160222_roomie_kusamochi

・形
馴染み深い「丸型」をはじめ、縁起がいい「巾着型」や「くわい型」、一生ひとりの人と連れ添うようにという願いが込められた「はまぐり型」など、趣向を凝らしたものが多いです。

・食べ方のタイプ
餅の中にあんが入ったもの、きなこや糖蜜、黒蜜をかけて食べるもの、あんが別添えになったものなど、個性はさまざま。

・餅の食感
草餅を選ぶうえで大切なポイントのひとつ。つきたてのようにやわらかく伸びるものや、弾力があって歯切れのいいものなど、一口ほおばれば各店のこだわりが感じられます。

・よもぎの風味
たっぷりと使用したよもぎが鮮烈に感じられるもの、やさしく上品な風味を持つものなど、好みの加減を選んでみてください。

ブランドによって、形はもちろんのこと、あんが餅の中に入っているか、外側にきなこがかかっているかなどさまざま。餅の食感やよもぎの風味によっても味わいが変わるので、「草餅ってどれも一緒では?」なんて言っていられません。さっそく各店の草餅を比較しましょう。


1.〈かんら〉雪下よもぎ餅

20160222_roomie_kusamochi2

〈かんら〉雪下よもぎ餅 1個186円(税込)※取扱い店舗:日本橋三越本店・伊勢丹新宿店

ユニークな巾着型がインパクト大!

山形県・出羽三山の雪解けとともによもぎを摘み取っていることから名づけられた、〈かんら〉の「雪下よもぎ餅」。この時期限定の発売です。

タイプ/あん入り(粒あん)
餅の食感/歯切れよい
甘さ/★★☆☆
ボリューム/★★★☆
よもぎの風味/★★★☆

「縁起の良い巾着型で、餅が分厚く、口に入れるとよもぎの濃い香りがふわっと立ち上ります。あんの量は控えめなので、甘いものが苦手な人にもおすすめです」(遠藤さん)


2.〈榮太樓總本鋪〉草餅

20160222_roomie_kusamochi3

〈榮太樓總本鋪〉草餅 1個 238円(税込)※取扱い店舗:日本橋三越本店

よもぎたっぷりの餅が味わいのポイント。

〈榮太樓總本鋪〉の「草餅」は、くわいをモチーフにした形。くわいは大きな芽が出ることから、「めでたい」という意味が込められているそうです。

タイプ/あん入り(粒あん)
餅の食感/やわらかい
甘さ/★★★☆
ボリューム/★★★☆
よもぎの風味/★★★★

「こちらの最大の魅力は、国産のよもぎをふんだんに使っていること。口に入れた瞬間、よもぎの香りがふわっと広がります。ほどよい甘さのあんとの相性も抜群です」(遠藤さん)


3.〈鈴懸〉草餅

20160222_roomie_kusamochi4

〈鈴懸〉草餅 1個 195円(税込)※取扱い店舗:伊勢丹新宿店

1923年創業の〈鈴懸〉から、伊勢丹新宿店限定の「草餅」が登場です。博多本店でも手に入らない、限定品なんですよ。

タイプ/あん入り(粒あん)
餅の食感/歯切れよい
甘さ/★★☆☆
ボリューム/★★★☆
よもぎの風味/★★★★

「桃の節句にも欠かせない草餅です。あんの甘みと香ばしいきなこが絶妙に合い、大人な味わいに。餅米ではなくうるち米を使っているため、歯切れのいい食感も楽しめますよ」(遠藤さん)


4.〈KITAYA六人衆〉あんなし草餅(わっぱ入り)

20160222_roomie_kusamochi7

〈KITAYA六人衆〉あんなし草餅(わっぱ入り)5個 801円(税込)※取扱い店舗:日本橋三越本店

やわらか〜い餅の食感に大満足!

人気和菓子店〈喜田家〉から、新進気鋭の職人が集まった新ブランド。人気の「あんなし草餅(わっぱ入り)」は、昔ながらのきなこ草餅をおしゃれに楽しめるようにと考案されました。

タイプ/黒蜜、きなこ(別添え)
餅の食感/やわらかい
甘さ/★★☆☆
ボリューム/★★★★
よもぎの風味/★★☆☆

「箱から取り出すのが難しいほどやわらかい草餅は、一般的なサイズよりひと回り以上大きく、食べ応え満点。黒蜜はコクがありながら上品な甘さで、甘党の方ならたっぷりかけるのがおすすめ。おしゃれなわっぱに入っているので、ちょっとした手土産にも最適ですよ」(遠藤さん)



個性豊かな草餅の数々、写真を見ているだけで春を感じられますね。

もっと詳しく草餅の魅力を知りたい方はFoodieをご覧ください。

春の香りを先取り! 東京のおすすめ草餅6ブランドを食べ比べ[Foodie]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

1987年生。西村優紀子。大学卒業後、音楽科講師として中高一貫校の教壇に立つ。退職後は作編曲家、ライターとして活動。編曲作品はウィンズスコアエレヴァートミュージックから刊行。好きなものは音楽、読書、カメラ、ファッション。特技をあげるならピアノの初見弾き。座右の銘は志在千里。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事