〈マルニ60〉の「コンビネーション」でコーディネイト #聞かせてルーミー

今年で10周年を迎える〈マルニ60〉は、どんなライフスタイルにも合わせて組み合わせできる自由さと、上質なデザインに定評があります。

中でも、「コンビネーション」は住んでいる環境や使う人に寄り添えるように、あらゆるパターンで組み合わせることができ、家具の新しい境地を見せてくれたと言っても過言ではありません。組み合わせひとつで、こんなにも表情が変わるなんて、なかなかありません。

さて先日、そんな〈マルニ60〉の展示会にご招待いただきまして、お伺いしました。展示会場には、4つのインテリアショップによる「コンビネーション」のコーディネイトサンプルが並んでいました。しかも、展示していたコーディネイトにひとり1票投票できる仕掛けがあり、僭越ながら投票させていただきましたが、ぜひみなさんもお好みを選んでみてください。(記事の最後で投票できます)

では、ひとつずつ紹介しましょう。

A:D&DEPARTMENT HOKKAIDO by 3KG

MARUNI60_001

デザイナーのナガオカケンメイさんが主宰の〈D&DEPARTMENT〉の北海道・札幌から参画したのは、47都道府県に1カ所ずつ現地のパートナーと共に拠点をつくる「d47」の1店舗目としてオープンしたこちら。

テーマは、「こどもとおとなのくらしのくみあわせ」。設立メンバーのひとりが出産を控えているそうで、彼女がこどもと一緖にいる家を想像したコーディネイトです。

MARUNI60_002

「コンビネーション」を暮らしのメインにしたこちらは、遊びが大好きなこどもをイメージし、実に楽しげな雰囲気です。

あえてきれいに重ねず、無造作に置いた「コンビネーション」はひとつひとつが違う家具のようにも見えます。

また、一番下に置いたコンビネーションには脚をつけてできた空間に、おもちゃの線路を通したところも、こどもの遊び心をくすぐりそうです。

今回からコレクションに加わったファッションブランドの〈ミナ ペルホネン〉が開発したインテリアファブリック「dop」のソファもアクセントになって家族の笑顔が想像できる空間に仕上がりました。

【使用した商品】
■コンビネーション
[下段]オープンシェルフ 63:35,000円(税別)、ウッドドアシェルフ 63:45,000円(税別)、ウッドドアシェルフ 63:45,000円(税別)、脚組:各10,000円(税別)
[中段]ガラスドアシェルフ 63:45,000円(税別)、ウッドドアシェルフ 63:45,000円(税別)
[上段]オープンシェルフ 63:35,000円(税別)
※シェルフのサイズはすべてW630×D308×H385mm
※脚組のサイズはすべてW559×D290×H179mm


B:VANILLA

MARUNI60_003

福島県・郡山からスタートした「VANILLA」。2店舗目となる栃木県・宇都宮から参画しました。カリモク60を中心にその他のブランドもセレクトするインテリアショップです。

VANILLAは「hoby! hoby! hoby!」をテーマに、多趣味な夫婦を想定してコーディネイトを提案。自転車にカメラ、植物、読書、コーヒー、料理、お酒……など、挙げればキリがないくらい趣味を楽しんでいます。

楽しい毎日を過ごしていましたが、多趣味が災いしてなかなか物の整理ができない。加えて、ふたりは整理整頓がとても苦手という……。そんなイメージで「コンビネーション」を使ったサンプルです。

MARUNI60_004

さてその夫婦は、自分たちが好きな物を何でも入れてしまったり、乗せてしまうという収納家具として活用しはじめました。

「コンビネーション」は、適当に入れても良く見える収納として、整理が苦手な彼らにとってはうってつけの家具。まさに、自然体で暮らすスタイルが憧れの方々にはおすすめのコーディネイトですね。

好きな物をどんどん詰めていくだけでも、サマになる佇まいをキープできるのは、「コンビネーション」のポテンシャルの高さを表しています。

■使用した商品
【コンビネーション】
[上段すべて・下段(左)]ガラスドアシェルフ 63:各45,000円(税別)
[下段(中)]ウッドドアシェルフ 63:45,000円(税別)
[下段(右)]オープンシェルフ 63:35,000円(税別)
※シェルフのサイズはすべてW630×D308×H385mm
※脚組のサイズはすべてW559×D290×H179mm


C:LT LOTTO AND TRES

MARUNI60_005

「時代に左右されることのないスタンダード」をコンセプトに地元で愛されるインテリアショップの「LT LOTTO AND TRES」。福岡から参画した彼らのコーディネイトは「長く愛されてきたものとこれから生まれてくる新しい定番」がテーマ。

先にも触れましたが、今回コレクションに加わった〈ミナ ペルホネン〉が開発したインテリアファブリック「dop」の背景には、家具と布という異なる分野においても、長く愛用してほしいという想いが込められていることを知り、お店のコンセプトともリンクしたことで、そういったテーマでコーディネイトを提案したそうです。

MARUNI60_006

「コンビネーション」は、あえてガラスドアシェルフ 63を3個ずつ上下に重ねて、食器や本、オブジェや雑貨などを収納しています。

サイドボードとしての機能も果たしながら、本棚としても、食器棚としてもフレキシブルに使える組み合わせに仕上げました。

【使用した商品】
■コンビネーション
[上段・下段]ガラスドアシェルフ 63:各45,000円(税別)
※シェルフのサイズはすべてW630×D308×H385mm


D:D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA

MARUNI60_007

先にご紹介した「D&DEPARTMENT HOKKAIDO by 3KG」と同じように「d47」の2店舗目で、静岡県で地産地消のレストランなどを手掛ける「タイタコーポレーション」によるプロデュースのD&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA。

「ダイニングでも楽しみ、くつろぐ」をテーマに、静岡在住の民藝好き夫婦とこども2人の家族構成を想定してコーディネイトしました。

こどもがいながらも、この空間だけは夫婦ふたりだけの楽しみの空間。つまりそれは、ソファのようにくつろげるLDチェアに座って、好きなグラスで仲良く晩酌することを習慣としています。

MARUNI60_008

晩酌しながら視界に入る「コンビネーション」には、好きなグラスをホコリから守るためにガラスドアシェルフ 63をチョイス。一方、お酒や本はオープンシェルフ 63へ。そのほかのものは、見えないようにようにウッドドアシェルフ 63に収納という、機能とデザインを存分に活かした組み合わせを実現しました。

こどもがいながらも、大人だけの空間がほしい方は参考になりますね。

【使用した商品】
■コンビネーション
[下段]ウッドドアシェルフ 63:各45,000円(税別)
[上段(左)]ガラスドアシェルフ 63:45,000円(税別)
[上段(中・右]オープンシェルフ 63:各35,000円(税別)
脚組:各10,000円(税別)
※シェルフのサイズはすべてW630×D308×H385mm
※脚組のサイズはすべてW559×D290×H179mm



お気に入りのコーディネイトはありましたか?
下記、投票できますでの、ぜひ気になるコーディネートにポチッとしてみてください。

コンビネーションマルニ60

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

サッカー、ジョギング、読書、お酒、買い物など、好きなことやりたいことが多すぎて、時に何もできなくなっちゃうことも。「人生、楽しんだ者勝ち」をモットーに、オンオフ関わらずおもしろそうなことを探しては日々を楽しんでます。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事