食べもので遊んで……いいんですよ

筆なんていらないよ。指を使って、お絵描きしちゃおう!

フィンガーペイントは、絵の具や紙の感触などを五感で楽しみながら、自由に想像力を働かせて遊ぶことができるお絵描きスタイル。

だからこそ、直接手につける絵の具は、安全なものあってほしい……。

160215ECeco-finger paint2

そんな方には、アメリカはポートランド発のエコ&ナチュラルブランド〈eco-kids〉のパウダー状の絵具「eco-finger paint」がきっとピッタリです。

自分たちの子どもには安全なものを使ってほしいと考えた夫婦が、彼らのおばあちゃんが実際に家で使っていた秘密の絵の具レシピを、天然素材で復刻。

160215ECeco-finger paint1

ちなみに素材は野菜とフルーツと植物のみ。

自然素材のやさしい色とソフトな感触が特徴で、必要な分だけ水に溶かして使うので無駄なく使用できます。

対象年齢は、2歳から。天然素材でつくられているので、万が一、子どもが口に入れてしまっても大丈夫なのだそう。

小さな頃から想像力を養うことができるのは、素晴らしいですね! こんな風に日々、絵の具や絵を描くことに慣れ親しんでいれば、アーティストが誕生しちゃうかもしれません。

さあ、ワクワクを探しに。どこに何を描こう。

ご購入はこちらから。

eco-finger paint [naturliv]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事