えっ、いまの「LED電球」ってこんなにかっこいいの!?

こんな電球ほしかった!

昨年、日本政府は2020年度をめどに、白熱灯と蛍光灯について、国内製造と国外からの輸入を実質的に禁止するという報道がありました。

そのニュースを受け、一般社団法人日本照明工業会の公式サイトでは、現時点ではまだ具体的なことは何も決まっておらず、禁止されることはないという声明を発表(※ JLMA)。ちょっとした話題になりました。

真偽のほどはよくわかりませんが、世の中の主流が省エネ性能の高い「LED」に向かっていることは事実。LEDの性能が年々よくなっている一方、これからもフィラメントが光る「白熱灯」を使い続けたい人は、けっこう悩ましい問題だったりします。

そんな人にとって、救世主のような電球が誕生しました。

002_led-swan-bulb

100年以上前にエジソンが発明した電球を、LEDでよみがえらせた「LED SWAN BULB」。

SWANのLEDは、フィラメント型LED電球の中で最も明るく(※白熱電球60W相当)、「フィラメント型電球は暗い」という概念をくつがえすほど。白熱球が持つ雰囲気はそのまま、LEDならではの長寿命でランニング・コストがいいのも魅力です。

003_SBW-G200L
004_SBW-E002L
005_SBW-F003L
006_SBW-F004L

電球のラインナップは全4種類。レトロな洋なし型から、ランプ街灯のような光の筋が楽しめるダイヤ型まで。場所やシーンにあわせて使い分けができそうです。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

空間の雰囲気は「照明」を変えるだけで、びっくりするぐらいガラリと変化します。生活がマンネリ気味だったり、思い切って気分転換したい、そんな人は電球を変えてみると、気分まで明るくなるかもしれませんよ。

LED SWAN BULB [SWAN]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

過去に13回の引っ越し経験ありの遊牧民系男子。その反動なのか旅が好きだが家にいることも大好き。モロッコからスペインに入国の際には、別室で日本人であることを証明しろと言われ、自分の顔が濃いということにようやく気づく。国内外の「人に教えたくなるような」おもしろい物を紹介予定。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事