床が浮いてる家? 棚のなかに生活を収納しました #かしこい都会の家

まるでフロアに穴が開いているような、独特の空間でつくられた家を発見しました。

夫婦のアトリエも兼ねる、東京都心の住宅街に建つ「House T for a couple」。30代の若手建築家である、篠崎弘之建築設計事務所による設計です。

160212_roomie_houseT

周囲が建て込んだ敷地内の外形に合わせて平面的に少し変形した”箱”の中に、床がいろいろな高さで浮いているような構成なんです。

20160127ECthouse
20160131thouse3

斬新な空間すぎて、この家は一体どうなっているのだろう? と思わず写真をジッと眺めてしまいました。

20160131thouse7

本棚の棚板のような「House T」の床。この床は、箱の中間に位置する立体的に交差したフレームの棚柱にそれぞれ引っかかっているだけなんです。そのため、床は構成としても構造としても自由度を持っています。構造に関与しないから、これだけいろいろな高さに床を設定できるんですね。

それぞれのフロアは、施主によって家具が好きな場所に置かれ、ダイニングやキッチン、リビング、ベッドルームなどになっています。棚柱はスペースを区切るフレームとして機能したり、手すりになったり、敷居になったり、さまざまな役割を果たしているんです。

20160131thouse1
201160131thouse5
20160131thouse6

それぞれの部屋は、平面的には隣り合いながらも適度な隔たりを確保できる距離に調整されています。中にいる人がお互い見え隠れしながら、なんとなく繋がっていられるのが特徴です。

20160131thouse7
20160131houset8

全体が大きな家具のようで、棚の中に生活そのものを収納したようなこの家。空間を立体的に捉えられるちょっと不思議な家でした。

House T for a couple [篠崎弘之建築設計事務所]

Photograph by Hiroyasu Sakaguchi

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

coffee、movie、musicをこの上なく愛する大学生。好きなお花はひまわり。東京で生まれ育ち、時々アメリカの西海岸をぶらり。おもちゃ箱を開けるようなワクワクをroomieに組み込んでいけたらと思っています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事