「美しいヨガマットがない問題」が解決しました

「なぜ、美しいヨガマットがないのだろう」

この疑問を打ち破ったのが、Yoga Design Labのヨガマット。

160113yogadesignlab01

デザイン性の高いYoga Design Labのヨガマットは、アメリカの様々なメディアでも評価されています。

160113yogadesignlab02

ヨギーでありサーファーでもあるカナダ人のチャド・ターナーは、旅行で来たバリ、ウブドでヨガのクラスをとっているとき、周りのみんなが使っている、大量生産のつまらないヨガマットが目についたそう。ウブドの壮大な自然の中で、一層、不自然なものに映ったのかもしれません。

160113yogadesignlab03

バリの美しい自然からアイディアを受けて、機能的で、かつ美しくユニークなヨガマットをつくる決意をし、バリに移り住みました。

160113yogadesignlab04

マットの表面は吸水性に優れるマイクロファイバー、裏面は天然ゴムのリバーシブル。汗などで濡れてもグリップ力が高く、安全。ホットヨガなど汗をかくヨガで特にその性能を発揮しそうですね。

160113yogadesignlab04-2

また、ヨガマット自体が汗を吸ってくれるので、荷物が少なくなるのも嬉しいところ。洗濯機で洗えます。

160113yogadesignlab05

私がときどきYoutubeで見ているヨギーニによると、“こんな美しいヨガマットは見たことない” と言っていました。納得の美しさですね。

160113yogadesignlab06

まだまだたくさんの美しいプリントがあるので、ウェブサイトをぜひチェックしてみてください。現時点では、日本で購入できるヨガマットは厚み3.5mmのみで、プリントも限られているのですが、2月から、厚さ1mmエコヨガマット・トラベルを始め、たくさんのモデルが購入可能となるようですよ。

 

サイトの日本向けショップは、すべて日本語表記なので、気楽に購入できますね。

160113yogadesignlab08

旅行用としてもいいし、無機質な都会でも心地よくなれる、お気に入りのマットを選んでください。

日本向けショップページはコチラアマゾンでも購入できます。日本語のお問い合わせ先:nami@yogadesignlab.com

Yoga Design Lab

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

寄宿舎出身。哲学科出身。Fashion Marketing major出身。モヤモヤ考えるのが好きかと思えば、意外とビジュアル重視なところも。未だに「道路が水だったら泳いで学校行けるのにな」「蛇口からオレンジジュース出てきたらいいね」の頃のままの頭。好きな場所はNYと東京と言いつつフランクフルト在住。生きる糧はテレビドラマ。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事