『チョコレート工場の秘密』に登場する「とろりめちゃうまめろめろファッジ」の作り方

2016年に生誕100年になる、児童文学の作家ロアルド・ダール。『チャーリーとチョコレート工場』の原作者としても有名です。その原作本『チョコレート工場の秘密』には不思議で魅力的な甘いものがたくさん出てきます。

本の中で寝たきりの老人4人がワンカ・チョコレートの話になると、とても元気になってしまうのですが、その中のひとり、ジョージおじいちゃんがこう叫びます。

「ワンカのとろりめちゃうまめろめろファッジ!」
「とびきりの最高だ!そりゃもう、うまいぞ!」

そのファッジレシピがロアルド・ダールのホームページにのっていたのでご紹介します。おじいちゃんが叫ぶのわかるほど、それはそれはとびきりおいしいのです。



『とろりめちゃうまめろめろファッジ』

151224_EC_RD

材料(4人分)

・バニラアイス
・ダークチョコレート(60g)
・チョコバー(1個)
・バター(60g)
・ブラウンシュガー(80g)
・生クリーム(150ml)
・マシュマロ(8個)

151224_RD

チョコバーというのは「キャドバリー社のクランチー」というバー、もしくはそれに似たチョコバーという指定がありますが、手に入りづらいので、私は日本のチョコバー「ブラックサンダー」を使いました。

そして生クリームは乳脂肪分が高いものを。ホームページにはダブルクリームと載っていますが、イギリスは生クリームの乳脂肪分48%くらいの濃いものをダブルクリーム、それ以下のさらっとしたものをシングルクリームと定義するなど、いろいろ分類されてるそうです。勉強になります。



作り方

1.チョコレートとチョコバーを砕いてボールにいれておきます。
2.鍋に砂糖、クリーム、バターを入れ弱火で溶かします。
3.10分間かき混ぜながら、とろりとなるまで火を通します。
4.少し冷めたらマシュマロと1を入れてお好みのアイスの上にかけて、できあがり。

本当にこってり味ですが、日本人の胃袋にはもしかしたら重いかもしれません。甘いのが得意でない方は砂糖を減らすかまたは、砂糖なしでも十分おいしいです。

読んだ人もそうでない人も、口の中でも楽しめるロアルド・ダールの世界。ご自身も食べるのが好きで、レシピ本を出しているほどです。

お正月休みは自分に甘くなって、このあま〜いファッジを作ってみてはいかがでしょうか。

Whipple-Scrumptious Fudgemallow Delight [The Official Roald Dahl Website]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

好奇心が旺盛過ぎのイラストレーター。楽天家なママ・DIYアドバイザー・ミシンの先生など色々な顔を持つ。憧れの人は黒柳朝さんとムーミンママ。憧れの家はツリーハウス。清澄白河にてのんびり生息中。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事