落書きマスター集まれー! パターンデザインがおうちでも簡単にできるよ


パターンデザインにずーっと憧れを抱いていたのですが、なんとなく難しそうという固定概念がありました。ところが、そんな思い込みを覆すチュートリアルを発見! 学生時代は教科書に落書きしまくっていた私です。コレはやるしかない!!

白黒の出来上がりはこんな感じ。

151108_pattern__01mini

一見複雑そうに見えますが、大丈夫! 落書きパワーを信じてください。ワクワクに満ちた感じでスタートです。

必要な画材はコレだけ。プラスして、テープをご用意ください。

151108_pattern-29

クリスマスっぽいデザインがいいなー、ということで、モチーフはクリスマスクッキーにしました。

おもむろにまずひとつ。ちなみに、カッティングボードは小学生のときから愛用しているものです。

151108_pattern-2

ここでの注意点は、端っこに何の絵も描かないこと。下記の写真では、ソリの絵がギリギリ、紙のボーダーに来ていますが、コレはセーフです。ある程度白紙部分が埋まったらオーケー。

151108_pattern-4

その後、紙を半分におります。

151108_pattern-5

定規とカッターをつかい、折り線に沿って二つに切ります。

151108_pattern-7

その後、左右の紙を交換。

151108_pattern-8

紙をひっくり返して、テープを使い貼り付けます。

151108_pattern-30

絵の描いてある面を表にして、90度に紙を回転。

151108_pattern-12

縦長になりました。

151108_pattern-13

先ほどと同じように、紙を二つに折り定規とカッターを使って切ります。その後、左右の紙を入れ替えます。

151108_pattern-14

入れ替えるとこんな感じになります。

151108_pattern-15

絵を背面に向け、テープでしっかりくっつけます。紙の端から端までテープを張ると、後々の工程で楽なことが判明。(写真ではしてません汗)

151108_pattern-24

再度表面にひっくり返します。薄くピンクで塗られた部分が余白。ここをまたも落書きで埋めていきます。端っこに絵を描かないこと。

151108_pattern-17

すっごく楽しい気分のまま終了。

151108_pattern-20

後はこの絵をスキャナで取り込んで、お手持ちのイラスト制作ソフトで複数コピー、タイル上につなげるだけです! イラスト制作ソフトがない場合は、コピー機でコピーして、絵をつなげていく手もあります。

下記デザインは、スキャンして取り込んだ絵を9枚コピーし、つなげたものです。真ん中の薄灰色の部分がオリジナルのスキャンイメージ。

151108_pattern-32

色を塗るとこんな感じ。

151108_EC_pattern_640

せっかくなので、今回作ったデザインでスマホ用の壁紙も作ってみました。iPhone用とAndroid用、両方ご用意してみました。

よければこちらからどうぞ。

参照元のビデオはこちら。60秒でやりかたがわかってしまうツワモノビデオです。勉強になりました。もっとパターンデザイン作りたくなってきました!

質問等があれば下記からぜひ!

harumosato[Instagram]
harumo.sato[Facebook]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

キッチンが制作ルーム近くにないと生きていけないイラストレーター・絵本作家。アメリカNY州第2の都市在住。 広告のお仕事に携わった後、アートとデザインを学びに渡米。和食が恋しいまま、グリーンカードを取得。 冷蔵庫には抹茶とあんこが常時待機中。ワクワク・ドキン・ハラハラ・ホロリ。そんな、ココロとイブクロをつかむおはなしをご紹介します。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事