地平線? 街? ココロひとつで見え方が変わる積み木


人間、何かを作ると、必ずゴミが生まれます。料理でも縫い物でも工作でも。

一見ゴミ箱行きに思える、何かを作って余った木片。それを生まれ変わらせたのが、スウェーデン在住のスペイン人デザイナーCarlos Jimenezさん。彼がデザインしたのは、この「HORIZONS」。

151029_horizons

三角形や四角形のただの木片に見えますが、木でできた12個のピースを手でもて遊んでいるうちに、いつしかそれはビル群や山の稜線に。

自然の風景が街に変わり、そしてまた自然へ戻る。そんなサイクルを思い起こさせる「山とビル」の組み合わせ。想像力を働かせると新しい景色が目の前に広がります。

禅のようなモノの見方ができる、上級者の大人の積み木です。

HORIZONS[CarlosJimenezDesign]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

好奇心が旺盛過ぎのイラストレーター。楽天家なママ・DIYアドバイザー・ミシンの先生など色々な顔を持つ。憧れの人は黒柳朝さんとムーミンママ。憧れの家はツリーハウス。清澄白河にてのんびり生息中。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事