誰もいないのに何かの気配がする? それは妖精かも


誰もいないはずなのに物音がしたり、視界の中で何かが動いたような気がしたのにいなかったり。そんな経験をしたことがある人はいませんか。

それは、もしかしたら、「スミスキー」が近くにいるのかもしれません。すみっこが好きな「スミスキー」は、物陰にひっそりと暮らす不思議な妖精。

151029ECsumisuki1

昼間はお邪魔にならないように影をひそめていますが、夜になるとほわっと光を放つため、その存在を見つけることができるのだとか。

151029ECsumisuki3

寝転んだり、座ったり、体育座りをしていたり…。全6種のポーズとシークレットと呼ばれる隠れキャラが1種類、計7種のミニフィギュア。

151029ECsumisuki2

おうちはもちろん、オフィスに置いておいても、ゆるっとした姿に癒されそうです。

是非、あなたのおそばに。

スミスキー SMISKI

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事