隈 研吾氏がデザインする、日々に溶け込むつみきだよ


世界的な建築家である隈研吾氏がデザインする、子供から大人まで幅広く楽しめる、新しいつみきが誕生しました。

main_1026_690_388

このつみきは森林保全団体more trees(モア・トゥリーズ)隈研吾氏がコラボレーションして作られ、素材には国産スギの無垢材(無塗装)を使用しており、木の温もりを感じることができます。

detail_1026_1437706343

建築的な要素を取り入れたつみきはデスクや本棚の上に飾るなど、インテリアのアクセントに。もちろん、子供のおもちゃとして、柔軟な発想力を育てるアイテムにも。

また、小さなつみきをたくさん集め、積み方や組み合わせを変えれば、大きなインスタレーションまでその規模を無限に広げることができます。

detail_1026_1437644200

隈研吾氏の作品をご自宅で身近に体感しませんか?

建築家 隈 研吾(くま けんご)

detail_1026_detail_1026_1437987864

建築家・東京大学教授。近年に、サントリー美術館、根津美術館、浅草文化観光センター、長岡市民ホール、歌舞伎座、ブザンソン芸術文化センター、マルセイユ現代美術センターがあり現在国内外で多数のプロジェクトが進行中。著書は「小さな建築」(岩波新書)「建築家、走る」(新潮社)他、多数。

<隈 研吾氏からのコメント>

国産材(のスギ)で小さな積木を作りました。この積木を重ねていくと家具も家も公園も作れます。小さな粒で世界を作る。そんな不思議な体験を共有しましょう。

これまでに隈氏が手がけた作品

detail_1026_1437718953

インテリアとしての楽しみ方

ナチュラルな杉の木の質感は、暮らしの中でもさりげなく溶け込みます。つみきの組み方は無限大。あなただけの形をみつけてみませんか?

detail_1026_1437478872

オリジナルのオブジェに(手前:5ピース使用/奥:4ピース使用)

detail_1026_1437474201

つみきを3ピース重ねて、キッチンスタンドに

detail_1026_1437479052-1

日常のさりげないアクセントに(手前:2ピース使用/奥:5ピース使用)

お子様から大人まで幅広く楽しめるつみき

detail_1026_1437474466
detail_1026_1436841246

「都市と森をつなぐ」というテーマ

日本では、生活の中で木を多様に活用してきた歴史がある一方で、近年は木の利用そのものが減っているのだそう。そこでmore trees(モア・トゥリーズ)は、木材商品を通じて木の温もりを身近に感じてもらい、都市部から地域を盛り上げていきたいと考え、このプロジェクトを立ち上げました。

detail_1026_1437481227

都市に住む人々にとっては森が遠い存在に感じられてしまいがちです。隈研吾氏のつくり出すアートで、もっと森を身近に感じませんか?

このつみきは現在クラウドファンディングを行っており、9月29日(火)まで購入できますよ。是非チェックして下さいね。

詳細は、こちらから。

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」のキュレーションチーム。世界中のクラウドファンディングサイトを常日頃研究しつつ、日本でクラウドファンディングを根付かせることをミッションに日々奮闘。映画、ガジェット、おしゃれグッズや国内外のクラウドファンディングで生まれた素敵なアイテムに関わること発信していきます。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事