FOODIE

ル・クルーゼの新作は、びっくりするほど軽いんだよ


フランス生まれで、日本でもロングセラーの人気を誇る「ル・クルーゼ」。

「ル・クルーゼ」のお鍋は、鋳物のホーローでできており、豊富なカラーバリエーションと、ずっしりとした重量感が特徴です。頑丈で長く使うことができるので、親から子へ受け継ぐといった話もよく聞きます。

人々に愛され続ける「ル・クルーゼ」の魅力は、素敵なルックスもさることながら、じっくりと煮込むことで、素材の味を引き出す料理ができることです。

数ある調理道具の中でも、ずっと大切に使いたい「一生モノ」のお鍋といえますよね。料理好きならば、もう既に持っている人も多いのではないでしょうか。

そんな「ル・クルーゼ」に、5月に新シリーズが登場。シルバーがクールな「3S」シリーズは、なんと、ステンレスでできています。

シリーズの名前にある「3S」とは「Shiny Stainless Steel(=輝くステンレス)」、および「3層」の意味だそうです。

ピカピカのニューフェイス、新しい「ル・クルーゼ」の魅力に迫ってみましょう!

150627_52_lecreuset_02

いままでの鋳物ホーローウェアの「ル・クルーゼ」は、非常に重く、片手で取り出してサッと使うというわけにはいきませんでした。

新しい「3Sシリーズ」の魅力は、なんといっても軽いこと! ステンレス製なので、往来の鋳物に比べて、ぐっと軽量化されました。おかげでおいしい料理を手軽に作れます。

150627_52_lecreuset_04

機能面でも鋳物製品に負けてはいません。「3Sシリーズ」は全面3層構造なので、底面だけが3層になっている製品とは違い、料理にまんべんなく火を通してくれます。素材全体にじっくりと火を入れることで、おいしい料理ができあがるというわけです。

また、シンプルで美しい出で立ちは、人間工学に基づいてデザインされています。取手が手にしっくりと馴染むようになっているなど、料理中も疲れにくい工夫がされているのです。

鋳物ホーローウェアと同じ形なので、一緒に置いても違和感がありません。「ふたつめのル・クルーゼ」を考えている人にも嬉しいですね。

新しい「ル・クルーゼ」の気になるラインナップは、こちらをチェックして下さいね!

[Foodie]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

1983年生まれ、北海道旭川市出身。ギャラリーや書店が好きなインドア派だけど、時たま遠出することも。フリーランスのライター兼、下北沢にある「トンネル食堂」のスタッフとして活動中。趣味はペンキを塗ること。自転車で都内をぐるぐる回っています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事