'

海を満喫できるお皿はなんだか味があるね。

毎日食卓に並ぶ、お気に入りのお皿。

ここぞというときに並べるお皿。

そして、なんとなく魅かれて手にしたお皿。

それぞれに、よさはあるもの。

150611ECThomas-Paul1

DKNYやCalvin Kleinでもデザイナーを務めたことがある、ニューヨーク出身のデザイナー、Thomas Paulさんがデザインするお皿は、なんだか味のあるイラストが特徴的なお皿。

海の生き物はもちろん、灯台や船、ロープの結び方など、海にまつわるデザインのお皿も多く、また、ハンドライティングのようなイラストも魅力的。

食べ物だけでなく、小物などをのせてもよさそうです。

さてさて、何をのせましょう。

Thomas Paul

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事