ボーリングの玉と鳥の羽を同時に落としたら、どっちが先に落ちるかな?


空気抵抗がなければ重いものも小さいものも同じ速度で落下する―小学校の時に理科の授業で習いました。でも、どうも想像し辛いですよね。

単純だけどなかなか一般人にはできない実験を、こちらのテレビ番組がやってくれました。

こちらはNASAのスペース・パワー施設と言われるもの。この大きな筒状の空間を真空にすることで、宇宙空間を再現できるそうです。

20150607fall01

まず最初に空気がある状態で、ボーリングの玉と羽が吊り上げられます。

20150607fall03

世界で一番大きな真空装置の天井へと上がって行きます。元々は原子力推進システムの実験のために作られた施設だそうです。

20150607fall04

一番上まで上ると、同時にふたつの物体のレバーが放されます。

20150607fall06

ドカーンと大きな音をたてて、下の箱へ落下するボーリング。

20150607fall07

遅れてふわっと羽が落ちて来ます。空気があると、明らかにボーリングの方が速く落下しますね。

20150607fall08

そして今度はいよいよ真空状態で実験です。装置のドアが閉まります。

20150607fall09

コントロールルームの指示の下、空気が抜かれていきます。

20150607fall10

では見てみましょう。つり下げられた全く重さの違うふたつの物体。真空状態で落下します。

20150607fall11

パッと放されると

20150607fall12

全く同じスピードで下へ落ちて行きます。

20150607fall13

羽の細かい毛も全く動かずにまっすぐと落ちて行くのはすごく違和感を抱きます。

20150607fall14

そして見事に同時に落下。

20150607fall15

どかーん。

20150607fall16

真空状態での落下だけ見たい人は動画の2:51まで飛ばしてみて下さい。実に不思議な光景です。

しかしこのYouTube映像が面白いのはこの実験だけじゃないんです。

番組の最後は司会者のブライアンさんのちょっと考えさせられる言葉で締めくくられます。

アイゼック・ニュートンなら、ボーリングと羽は重力という力に引っ張られるから落下した、と言うでしょう。

でもアインシュタインは同じ現象にたいして違う見方をしたでしょう、と続けます。

ボーリングと羽が「一緒に落ちた」ことの理由は、それらが実は落ちたのではなくてそれらに全く何の力もかかっていない状態で「静止していた」からからだ。

さらに頭を悩ませるアインシュタインの結論がこちら

「もしも背景が見えなければ、このふたつの物体が地面に向かって加速していることを知ることは出来ない。」アインシュタインは結論付けました。

「つまり、このふたつの物体は地面に向かって加速しているわけではない。」

YouTubeのコメント欄を見てみると映像に単純に感動した人たちも多いですが、この最後の話にひっかかった科学ギークたちもたくさんいたようで、物理学の専門家を名乗る人たちも巻き込んで議論になっています。いくつか見てみましょう。

最後の所でブライアンは何を言ってるんだ? これは非慣性系なんだから加速していることは示すことはできるだろう。アインシュタインの超重要な仮定のひとつだ。

― Jonathan

たぶんブライアンが言ってるのは、ボールと羽が重力によって引っ張られて地面に向かって加速しているのか、それともボールと羽が静止していて、地面がそのふたつに向かって加速しているのか、区別することはできないってことじゃないの? 物理的な結果は一緒でも、現象が”実際に何が起きているのか”を知ることはできないってことだろ。

― Panda

いや物体の落下が慣性座標系じゃないことを示すことができる実験はあるんだから、それを示すことはできるだろ。相対論的力学/特殊相対性理論を学ぶ前に最初に教えられることだよ。

― Jonathan

皆さんはこの最後の説明、分かりますか?

Brian Cox visits the world’s biggest vacuum chamber – Human Universe: Episode 4 Preview – BBC Two via [YouTube]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

NY在住脚本家/役者。NYを中心に活動中。たまに東京でも書いたものが上演されます。NYを舞台にしたウェブドラマ『二アベ』では脚本を担当し、役者としても出演中。モットーは「よく食べて、よく寝て、二度寝する。」最近始めたボクシングにハマっています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事