ねこ好きによる、ねこ好きのための「ねこ雑貨ショップ」を見つけたよ


nagasaki-no neco 長崎の猫雑貨店」は、オリジナルのねこ雑貨を販売するショップ。

地元のデザイナーや陶芸家の方々が造った、ユニークなねこ雑貨が並びます。

150602nagasakinoneco03

nagasaki-no necoブローチ 写真左から、クツシタ、トラ、ハチワレ。各\ 648

150602nagasakinoneco04

メガネふき グレー \ 540

150602nagasakinoneco02

(n)eco bag Pink \ 2,700

150602nagasakinoneco01

(n)eco bag Natural \ 2,700

150602nagasakinoneco07

ぽち袋 まる \ 540

150602nagasakinoneco06

尾曲がり箸置き 写真左からミケ サバトラハチワレシロチャトラシロ
各\ 972 ~ \ 1,080

150602nagasakinoneco05

花よりにゃんこ ブローチ 移動。 \ 1,900

150602nagasakinoneco10

necoT Gray \ 3,229

今回ご紹介したのは、ほんの一部。他にもポストカードやマグカップなど、たくさんのアイテムが販売されています。ここはまさに、ねこ好きのためのねこ雑貨ショップなんです。

ところで、“長崎の猫”に特化するってとてもユニークなコンセプトだと思いませんか?

今回ルーミーでは、運営しているデザイン事務所HOPの中村さんに「長崎の猫雑貨店」を始めたきっかけを伺いました。

わたくし、常々長崎の外ねこちゃんの写真を撮ってはニヤニヤ(にゃーにゃーではなく)しておりました。
県外の方に言われるまで気付かなかったんですが、長崎ってねこが多いんですよね。そんなねこストーキング写真を、会社のブログでお知らせと一緒にアップしていたんです。

大きなきっかけになったのが、2012年のイベントでした。

社長がイベントテーマを「長崎のねこ」に決め、アーティストの方々と「長崎のねこ」をモチーフにした展示やワークショップ、グッズ販売を行いました。これが好評で、翌年も「猫神社」なるものを展示したり、グッズ販売を行うことになったんです。

すると、このイベントに来ていた長崎のアンテナショップの方からお声掛けいただき、アンテナショップでのイベント「ナガサキのネコ展」を開催することに。

そんなこんなで、気づけば「長崎の猫雑貨」が増えていたため、
2014年6月にオンラインストアをオープンすることになりました。

長崎のねこたちを愛したことをきっかけに、様々なきっかけを経てたくさんのねこ雑貨を作っている「長崎の猫雑貨店」。

たくさんの人たちが地元の猫を愛し、その愛が連鎖した結果、ねこ好きにはたまらないショップになりました。

さて、あなたはどの猫をお迎えしたいですか?

[長崎の猫雑貨店]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

旅行誌の営業を経験後、出産を経てフリーランスライターに。趣味は、読書・ネット・ドラマ鑑賞・ゲームと、基本的に引きこもり。中央線沿線(特に西荻窪)のゆるい雰囲気が大好き。夫と娘とささやかに楽しく生きていくのを目標にしています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事