江戸期の建築様式を色濃く残す大浴場「さくら湯」が、時を超えて蘇ったよ


今から約370年前の江戸時代。

肥後細川藩初代藩主・細川忠利公は山鹿の温泉をたいへん気に入り、寛永17年、山鹿にあった藩の御茶屋を新築しました。この御茶屋が“さくら湯の歴史の始まり”です。

150519sakurayu-02

明治3年~5年にかけて行われた大改修で御茶屋は「市民温泉」として生まれ変わり、明治31年に北側に唐破風を備えた玄関が設けられました。

150519sakurayu-10

さらに、昭和4年の改修では南側にも唐破風の玄関を設け、「十字クロス構造」と呼ばれるさくら湯の特徴が完成しました。

150519sakurayu-11

しかし、昭和33年の改修で浴室は明治以来の雰囲気を喪失。同48年には再開発ビル建設のために解体します。

その後、約40年が経過しビルの老朽化が進んだことをきっかけに、市民に親しまれ再生したいとの想いに応えて、市はさくら湯再生事業に取り組み、平成23年7月着工、平成24年10月に「さくら湯」がいよいよ完成しました。

150519sakurayu-07

今回の再生では、外観は昭和48年の解体前、内観は昭和33年改修前の姿に再生されています。

150519sakurayu-04
150519sakurayu-03

サウナなどの設備はありませんが、他では味わえないような木造で、風情のある浴場では思わず長風呂してしまいそうです。

150519sakurayu-05
150519sakurayu-06

さくら湯はせっけん・シャンプー・リンスなどを設置していないので、持ち込みは自由。また、使い切りのせっけん、シャンプー、リンスなどのほか、さくら湯オリジナルタオル等も販売しているとのこと。

料金は大人(中学生以上)300円、子供(3歳以上小学生以下)150円となっています。

さくら湯は観光名所が徒歩圏内にあります。風情溢れる山鹿の街中を散策したあとには、さくら湯の歴史を感じながらゆっくり温泉を楽しみませんか?

さくら湯バーチャル体験インドアビューはコチラから!

[山鹿温泉元湯さくら湯]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

1987年生。西村優紀子。大学卒業後、音楽科講師として中高一貫校の教壇に立つ。退職後は作編曲家、ライターとして活動。編曲作品はウィンズスコアエレヴァートミュージックから刊行。好きなものは音楽、読書、カメラ、ファッション。特技をあげるならピアノの初見弾き。座右の銘は志在千里。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事