'

「上質な暮らし」ってなんだろう?

もちろん決まりきった答えはないと思うけど、「自分なりの満足感」を得られるがポイントなのは間違い無さそう。

仕事や趣味だけでなく、コーヒー、食事、パジャマ、下着など、特別にお金をかけなくても、自分なりに工夫して、生活のひとつひとつを丁寧にすることで、きっと毎日が変わるはず。

そんな考えに基づいた「上質な暮らし」のひとつの例として、とあるレコードショップ店員男子の1日を覗いてみましょう!


お気に入りのパジャマで快適な目覚めを

FH010031

FH010037

6時間の睡眠をとるとしたら、それは1日の4分の1は眠っているということ。

だったら睡眠の質には気を配りたい。朝目覚めたときの気分が良ければ、1日の調子が良い気がするから。

このパジャマは「BROS(ブロス)」というブランドのもの。店頭で触って素材を確かめて購入した。肩周りがゆったりめで寝返りが自然に打てるらしく、確かにぐっすり眠れている気がする。

決して高いものでも、安いものでもない、自分にちょうど良い「ちょっと特別」な寝具を選んだら、毎日の睡眠が楽しみになってきた。


コーヒーは「淹れる」ことによる満足感も重視

FH000012 (1)

FH020004

去年くらいから話題のコーヒー新潮流「サードウェーブコーヒー」。

最初は単なる流行だなんて思っていたけど、自分で淹れるコーヒーは美味しいし、だんだん淹れる行為自体も楽しくなってきた。

今日は友だちにもらった話題のブルーボトルコーヒーの豆を試してみる。

お湯を沸かして、挽いたばかりの豆に注ぐと、心地良いコーヒーの香りが部屋中に。これは味も期待できそう。

FH000016 (1)

豆を蒸らす最初の1分弱。忙しくなりがちな朝だけど、この待ち時間も、インスタントでは得られない満足感の理由のひとつかも。

FH000017 (1)

近所のパン屋で買ってきたサラダコッペと一緒にすれば、シンプルな朝食のできあがり。

洗い物は増えるけど、お皿の上に乗っけるだけで「ちゃんとしてる」感が出て気持ちいい。


洋服を選ぶように、その日の気分で下着も選ぶ

FH020009

パジャマが良かったので、下着も「BROS」のもので揃えてみた。パジャマ同様に素材やシルエットにこだわっているらしく、こちらも履き心地が快適。

歩く、座る、立つ、ひとつひとつの動作を自然とサポートしてくれるから、生活のあらゆるシーンの質が上がったような気がする。

FH010002

形はボクサーを中心にたまにトランクスも。

そんなに見られるものではないけれど、洋服を選ぶように毎朝の気分で下着を選ぶと、気持ちがちょっと楽しくなる。



エクストリームな朝活をしなくても、通勤は楽しい

FH020023

FH020031

FH020032

いろんな朝活が流行っているみたいだけど、もっと気軽なのがいい。

朝早めに部屋を出て、一駅前で降りたり寄り道したりと、ゆったり散歩を楽しむのが好き。



フィルムカメラはシャッターもドキドキ、現像までワクワク

FH020019

FH020018

そして最近凝っているのがフィルムカメラ。それも「写ルンです」でお手軽に。

毎朝の通勤時に3枚は撮影するのが自分のルール。現像が楽しみだ。


朝の仕事、メールや原稿書きは午前中のうちに

FH030024

仕事は小さな輸入レコード店の店員。

職業柄、インディペンデントな海外のレーベルやアーティストとやりとりをすることが多いので、仕事の連絡はメールがほとんど。時差があるから、みんなが眠っているうちに、まとめて処理しておくようにしている。

それから原稿書きや、POPのデザインも朝のうちに。やっぱり午前中は頭の回転が速い気がするし。

FH030033

朝の数時間でノルマを達成できると、満足感たっぷり。

さあ、ランチに出かけて、午後も頑張ろう。


ランチは、あえてネットの評判を気にしない個人店探訪が楽しい

FH020036

FH020035

ランチ開拓のためにいちいちグルメサイトを調べていたこともあるけど、今はあえて調べずに気になったお店に入るのが好き。

特に最近は入りづらそうな個人店に入るのがマイブーム。もちろん外れることもあるけど、毎日ドキドキできるし、知ってるお店が増えるのはコレクションみたいで楽しい。

FH020012

食後の散歩中に新しいパティスリーがオープンしているのを発見。

明日デートする彼女におみやげのお菓子を買ってみよう。


レコード屋をオープン、お客さんとの会話から得られる情報はたくさん

FH000018

お昼休み後はお店をオープン。ネット通販のメールチェックをしていると、遠方に転勤した常連のお客さんから久しぶりに電話が。

FH000025

もちろん店内のBGM選びも自分の仕事。

FH000031

今日の一枚目はコレ。Yumi Zoumaの新作『EP II』。

FH000004

初めて来たお客さんの女の子にお薦めを聞かれたので、好みを聞いて、棚の上のレコードをレコメンド。

FH000015

「このミュージシャンは…」「じゃあコレとそっちの1枚ください♪」


趣味の時間は、DIYの自費出版「Zine」作りに使う

FH000032

自作の文章やイラストや写真を使って、個人が製作する小冊子「Zine(ジン)」

お店のクローズ後は、日本や海外の仲間が作ったZineを読みながら、新作Zineのインスピレーションを得る時間。

FH000036

レコードやZineから得られたのは、世界中にいるインディペンデントなマインドを持った仲間たち。いつか半年くらい使って海外を回りたいなあ。


帰宅後、近所のバーでクラフトビールを1杯

IMG_9387

帰宅したら荷物を置いて、シャワーを浴びて、すぐにまた外へ。

FH030020

近所のバーでクラフトビールを飲むのが日課。

マイクロブルワリーと呼ばれる小さなビール工房で職人が作るこだわりのビール「クラフトビール」。最近ブームのきざしがあるおかげで、近所でも飲めるようになったのがうれしい。

FH030021

他のお客さんと、どの銘柄が美味しいかにはじまり、他愛もない話をしていると、今日も一日楽しかったなとしみじみ。

部屋に帰ったら、パジャマに着替えて、明日会う彼女に電話をして、ゆっくり寝よう。おみやげのお菓子、喜んでくれるかなあ?

・・・

以上、roomieが提案する2015年の「上質な暮らし」の一例はいかがでしたでしょうか? 何一つ特別なことはしていない、でも少し気持ち良い、そんな一日の参考になれば幸いです。

好きなもの、気になるものを追いかける途中で出会った人たちと関わりながら、自分なりの満足とは何かを考え、ちょっとした工夫をするだけで、日常はもっと楽しいものになるのではないでしょうか。


「上質な暮らし」を支えてくれる、上質な下着とパジャマ

このショートフィルムのような美しい映像は、記事中でも紹介した下着とパジャマのブランド「BROS(ブロス)」のブランディングムービーですが、実はこの「BROS」、あの大手下着メーカー「ワコール」が出掛ける男性用ブランドなのです。

「男が知らなかった気持ちよさ。」をコンセプトに、女性用下着で長年培ってきた技術とノウハウを駆使した、履き心地の良い下着と、気持ちのよい睡眠を支えるパジャマは、上質な暮らしの土台作りに、きっと役立ってくれるはずですよ。

BROS(ブロス)|男性用パンツ・インナー・下着・肌着 [BROS]

諸君!「パン捨離」しよう…2000円で大きな変化を感じられる男性用下着「BROS(ブロス)」をはいてみた [ライフハッカー]

この春「パン捨離」を始めて、彼をもっと魅力的にする [カフェグローブ]

この記事をシェアする: