信号待ちは、知らない誰かと卓球ゲームをしよう

もはや当たり前すぎて誰も口にださないことですが、信号待ちって退屈ですよね。

すべての信号が自分に対して青だったらどんなにいいかと思いますが、それは夢や映画の世界のお話。現実に生きる私たちとしては「信号待ちの退屈な時間を、どう楽しむか」と考えるのがより前向きです。

例えば、こんなアイデアはどうでしょう。

141212pong6

2012年に、ドイツの大学でインタラクション・デザインを学ぶ学生たちがコンセプトを紹介し話題になった”StreetPong”が、このほどヒルデスハイムとオーバーハウゼンのふたつの街に設置されました。

今回”ActiWait”としてリブランディングされたStreetPongは、信号待ちの間、反対側で待つ知らない誰かと卓球ゲームをして遊べるデバイス。ちなみに、Pongというのは画面上に再現される卓球ゲームの英語の呼び名のことです。

141212pong

サッカーボール風のボールを跳ね返しているのはスケートボードのようです。

画面上の段々と下がってくる赤いゲージは信号待ちの時間を示しており、これがなくなると信号が青に変わり試合終了。

141212pong4

反対側ではどんな人がプレイしているのでしょうか。なかなかの腕前のようです。

141212pong3

負けた!

悔しい!

もう一回!はやく信号赤になれ!

…と勝負に熱くなってしまう人なら、信号待ちの時間つぶしのためのアイデアだということを忘れてしまうかもしれません。

141212pong1

すれ違いざまに「ナイスゲーム!」なんて声をかけてみましょうか。

現在、クラウドファンディングサイトのindiegogoでは、ActiWaitを世界中に広めていくための出資を募集しています。日本にも設置されたら良いですね。

[Actiwait]
Traffic Light That Lets You Play Pong with Person on the Other Side Officially Installed in Germany [colossal]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

1983年生まれ。東京在住。Webで編集/ライター。自転車、旅行、カルチャー系の文章など。猫好き。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事