'

ピリ辛お鍋にキリッと冷えた一杯で、冬の大人グルメを楽しもうよ

こんにちは。ルーミー・キュレーターの中村です。

わたしが暮らす京都では、日を追うごとに寒さが身に沁みるようになってきました。冬に心も体も温めてくれる料理といえば、やっぱりお鍋!

わたしも妻もお鍋が大好きで、冬になるとたびたび食卓に登場するのですが、最近ではちょっと変わったお鍋にも挑戦中。今夜は、そんな変わり種からオススメのお鍋を紹介します。

その名も「干鍋(ガングゥォ)」。

中国四川料理のひとつで、なんと汁なしのお鍋なんです。

汁はなくとも四川料理ならではのピリ辛な味わいで、内側からしっかり体を温めてくれます。

では、さっそく作り方を紹介しましょう。今回は、京都の食材を使ったアレンジバージョンです。

141119platinumdouble01

【材料】(たっぷり2人分)

・赤万願寺とうがらし(10本)
・甘長とうがらし(10本)
・さつまいも(小さめ1本)
・レンコン(1節)
・かぼちゃ(1/8切)
・ごぼう(1本)
・しいたけ(3本)
・きくらげ(3片)
・鶏胸肉(1枚)
・パクチー(1袋)

※今回は京野菜の「万願寺とうがらし」と「甘長とうがらし」を使いました。お好みの野菜を自由に組み合わせてください。

141119platinumdouble11

[香辛料]
・赤とうがらし(2本)※通常は「四川唐辛子」を使用
・花椒(大さじ2)
・八角(1個)
・クコの実(大さじ1)
・なつめやし(2個)
・フェンネル(小さじ1/2)
・カルダモン(3粒)

※花椒以下は、ミックススパイスの「五香粉(ウーシャンフェン)」で代用可能です。

[タレ]
・チキンエキス顆粒(大さじ2)
・豆板醤(小さじ3)
・醤油(大さじ4)
・紹興酒(大さじ2)
・砂糖(大さじ1)
・オイスターソース(大さじ2)

※すべて混ぜ合わせておく

[調味料]
・にんにく(3かけ)
・しょうが(1かけ)
・片栗粉(大さじ1)
・塩、こしょう(適量)



【作り方】

1. 鶏肉を一口大に切り、醤油、紹興酒、塩、こしょう、片栗粉でよくもみ込む。

2. 赤万願寺とうがらしと、甘長とうがらし以外の野菜を、一口大に切る。赤万願寺とうがらしと、甘長とうがらしは、グリルで軽く焼き目がつくまで焼いておく。

3. 下味をつけた鶏胸肉を160℃の油で揚げる。野菜は約一分素揚げする。

141119platinumdouble02

4. 油を190℃まで温めて、先ほど揚げた鶏胸肉をもう一度、2分ほど揚げる。

141119platinumdouble03

5. 土鍋に多めの油を入れて弱火で温め、花椒を入れて香りが出たら、スライスしたニンニクとしょうがを入れてさらに香りを油に移す。

6. なつめやし、八角、タネを取った赤とうがらし、フェンネル、カルダモンを加えてさらに熱を加える。

141119platinumdouble04

7. すべての野菜と鶏胸肉を鍋に加えて強火で炒め、タレを少しずつ回しかけてなじませる。その上にきざんだパクチーをこんもり盛りつける。

141119platinumdouble05

さぁて、完成しました!

香辛料のスパイシーな香りが食欲を刺激します。

ひと口食べると野菜のうま味をしっかりと感じて、後からピリッとした辛さが口の中にひろがります。それぞれの野菜の食感が、これまた美味しさをひき立てるんです。

食べるとすぐに体がポカポカしてきて、汗をかくほどなんですよ。

141121kirin2

辛さで温まった体には、キリッと冷えたお酒がほしくなります。

妻が選んできたのは「淡麗プラチナダブル」。プリン体0.00(※1)、糖質0(※2)という2つのゼロと、爽快でキレがある飲み口が特徴の発泡酒です。“ゼロゼロ発泡酒”というカテゴリーがいま話題で、その中でかなり売れ行きが好調なんだとか。

141119platinumdouble08

「香辛料たっぷりで香りの強い中華風お鍋に、スッキリしたキレ味がよく合うよね」と妻。しっかり冷えているのでさらに美味しい。一口飲むたび箸が進みます。

141119platinumdouble09

30代になって、体の変化に敏感になり、健康にもいっそう気を使うようになりました。普段から地元の新鮮な野菜や食材をたっぷり摂るよう心がけていますが、運動不足になりがちな寒い季節は、特に食生活に気を配っています。

食事で糖質を取りすぎたときは、お酒で控えるようにするなど、妻が積極的に全体のバランスを配慮してくれています。我が妻ながら、素晴らしい。感謝。

141119platinumdouble12

もうひとつ「淡麗プラチナダブル」の注目すべきポイントは、独自の特許技術(※3)「プリン体カット製法」によりプリン体を除去していること。

「プリン体」はほとんどの食品に含まれているそうで、プリン体含量の高い食品の摂り過ぎに注意が必要であることはよく知られていますよね。

「プリン体カット製法」では、味覚成分の変動を極力抑えながら、発泡酒中に含まれるプリン体を効果的に除去するそうです。なんかすごい。

141125platinumdouble

年末はお酒を飲む機会も増えますよね。グルメを楽しみながら、糖質・カロリー・プリン体にも気を使いたいという欲張りな大人の思いに応えてくれる「淡麗プラチナダブル」。

今回の干鍋やキムチ鍋のような辛いもの、そして湯豆腐や水炊きなどのさっぱりしたお鍋にもよく合いますよ。お鍋のほかにもアツアツのシチューやグラタン、揚げ物と一緒にいただくのもオススメです。

淡麗プラチナダブル

ストップ!未成年者飲酒・飲酒運転。

※1 100ml当たりプリン体0.005mg未満を「プリン体0.00」と表示しています
※2 栄養表示基準による
※3 プリン体カット製法 特許番号:第3730935 号

この記事をシェアする: