今年もお目見え!「Typodarium 2015」のカレンダー


2014年も気づけばあと少し。

各メーカーから早くも2015年版の手帳やカレンダーが発売され始めました。

昔、「日本のタイポグラフィックデザイン」(監修:松岡正剛、田中一光、浅葉克己、1999年・株式会社トランスアート発行)という本を古本屋で購入しましたが、その本のサブタイトルが「文字は黙っていない」でした。

イラストや写真がなくても、人はきちんとデザインされたタイポグラフィ(文字)を見れば、それが何を言いたいのかを感じることができる。つまり、その文字には理由があるということなんだと思います。

Typodarium 2015」を見ていると、そんなことを思い浮かべました。このカレンダーは、当サイトでも以前紹介した「Typodarium 2014」の2015年版。




あれから一年、今年も世界中のデザイナーによってつくられたタイポグラフィが選ばれ、365日分の日めくりカレンダーとなりました。

2014年版はブルーを基調としたカレンダーでしたが、2015年版はポップなイエロー。







元々、タイポグラフィは西洋の活版印刷から始まり、人々に読みやすいように、文字と文字の間隔、文字の大きさ、書体が組合わさったもの。そのはるか昔から始まったタイポグラフィの歴史は、現在でも私たちにとって情報が伝わりやすいようにデザインされ続けています。




「Typodarium 2015」は、言わば2014年に生まれたデザインが集まっていて、1枚1枚表面には日付、そして裏面には使われているフォントについてのデザイナーの思入れや、歴史などが書かれています。

既存のフォントではなく、新しく生み出されたフォントで構成されているので、見ている方も毎日が楽しくなりそう。

まだ2016年版の募集ははじまっていませんが、気になる方はこちらのサイト「Slanted」をチェックしてみてください。

こちらから購入できます。サイズ:8,5 × 12 cm。

For Typography Geeks: A 2015 Calendar Showcasing A New Typeface A Day[Design Taxi]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

瀬戸内海に面した港町の生まれ。高校卒業後は九州からフランスへ、そして東京。コンサルティング会社を経て、某輸入代理店にて文房具や雑貨のPR・広報を担当。新しもの好きで、マニアックなものに目がありません。中でも素敵な音楽と文房具が好きで、実は母方の実家も小さな町の本屋・文房具屋。日本から世界まで使って楽しい、面白い、文房具・雑貨を紹介していきます。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事