いっぱいよごしても大丈夫!ママもにっこりのキッズ食器だね


「食べる」ことだって、子どもたちにとっては学びの場

生まれた赤ちゃんはお母さんからミルクをもらい、成長するにつれ、やがて離乳食、手づかみ食べ、スプーンやフォークを使い、お箸を使って食べる…毎日毎日、「食べる」練習をしていきます。

その過程では、食べ物をこぼしたり、落としたりするのは当たり前。わかっちゃいるけど、できれば汚さないで食べてもらいたいものですね。



そんな発想から生まれたのが、「Less Mess Happy Mat」。ランチョンマットとお皿が一体になっているシリコン製のマットです。

これなら、こぼしても大丈夫そう。それに、お皿やボウルを別々に用意する必要もありませんね。



バクテリアなどの繁殖を抑え、洗うのも簡単。

それに、食器洗浄機やレンジでの温めも大丈夫です。



乾燥しやすいのでパッと洗ってパッと乾かして、しまうことができます。

動画はこちら。



現在、海外のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達中です。

子どもたちは思う存分、「食べる」ことを楽しむ。ママは簡単お片づけ。みんながハッピーになることができるキッズ食器かもしれませんね。

詳細は、こちらから。

Less Mess Happy Mat [Kickstarter]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事