紙よさらば! デジタルノートの時代がやってきた


9/12に各社一斉にiPhone6、iPhone6Plusの予約を開始しました。ちょうど同じ頃、負けず劣らずと素晴らしいガジェットが発売されました。WACOM社のiPad専用スタイラス、BAMBOO STYLUS FINELINE! 早速購入して試してみました。



内容物はスタイラスペン、充電用USBケーブルの二つ。BAMBOO STYLUS FINELINE自身には物理ボタンが一つだけついています。



事前準備はスタイラスペンを充電し(2時間の充電で26時間程もつそうです)、iPadのBluetooth設定をONにします。

まずはスタイラスペンとiPadの接続から。現時点で正式対応しているiPadのアプリケーションはWACOM社製のBamboo PaperとPDFpenというアプリケーションのみ。

間もなく対応予定なのが、INKredible,Good Reader,NotePlus,Noteshelfなどなど。(他のアプリでもスタイラスペンとしては使用できますが、筆圧感知やショートカットボタン、パームリジェクション機能が使えません)

それでは早速Bamboo Paperを起動してノートを開きます。



画面上部にある、Wi-Fiのようなアイコンをタッチするとこのような画面になります。そしたらこの円の中心にスタイラスペンをタッチしながら、本体のボタンを長押しします。



こんな画面に変われば接続完了です。表示がスタイラスペンの電池残量にかわりました。さらにこのスタイラスのボタンには、ひとつだけショートカット機能をつけることができます。



ボタンの機能種類は

・消しゴム
・取り消し(一つ前に戻る)
・やり直し(一つ先に進む)
・フルスクリーン
・設定なし

一度接続設定すれば、次回使用するときは、Bamboo Paperアプリを起動して物理ボタンを押すだけでOK! とてもカンタンです。

それでは早速試し書きしてみます。



とても快適です。ペン先が1.9mmなのでもう普通のボールペンと変わらない書きやすさ。画数が多い感じや小さい文字は難しいですが、それでも十分にノートとして手書きができるレベルの書き心地。

連携も
・メール
・写真への保存
・Dropbox
・Evernote
・Facebook
・Twitter
・Tumblr
・印刷

と豊富です。

いままで5本のスタイラスペンを試しましたが、結局使い心地が悪くて指に戻っていました。今回はBluetooth接続ということもありますが、書き心地も使い勝手も快適なので、やっとデジタルノートで仕事ができそうです。

購入はWACOM専用ストアからどうぞ

WACOM BAMBOO STYLUS FINELINE

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

映画と音楽とWebの世界に溺れる2児の父。映画をベースに音楽・ファッション・アートなどを扱ったWebマガジン「Cinetunes」、地元福井を情緒的に紹介するローカルWebメディア「I'm here」、発達障がいや精神障がいにちょっぴり役立つ情報を発信するWebサイト「チクとテト」を運営中。実は本業は不動産屋です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事