心もカラダも元気になる「クルミご飯」と映画に、ぼくは出会った


五十嵐大介の人気コミック原作で、旬の食材を生かした日々の食事・料理とともに描いている、映画『リトル・フォレスト』。

都会で自分の居場所を見つけられない主人公・いち子が、故郷の山村“小森”に帰り、自給自足の生活をしながら、生きる力を充電していきます。

春夏秋冬4部作のうち、「夏・秋」が8月30日(土)より全国ロードショー。おいしそうな料理がたくさん登場する本作の中で、最も気になる「クルミご飯」のレシピをご紹介します。


1.山で拾ったクルミを庭の隅に埋め、表皮が黒く腐ったらよく洗い流してキレイにする(※網に入れて干しておけば、何年も貯蔵がきく)。

2.殻が厚くて硬いから、タオルにくるんで金づちで割る。

3.殻のカケラはていねいに取り除く。


映画の中では、橋本愛演じるいち子はそこまでするけれど、買ってきたむきクルミで作るなら、ここからでOK。

4.むきクルミをすり鉢でよくつぶしてペースト状にしたら、洗った米に混ぜ合わせる。

5.米10に対し、むきクルミ2~3、醤油1弱、酒少々の割合で、酒と醤油を加えて炊き上げます。ふたを開ければ、香ばしいクルミの香りがふわっと立ち上ります。



野菜ソムリエの大場久美さんによると、クルミには抗酸化作用のあるビタミンEや血液がサラサラになるα-リノレン酸が多く含まれていて、動脈硬化の予防やコルステロール値を下げるという効果があるのだそう。

体を温める効果もあるので、特に、冷え症の女性にもオススメです。

映画を観て心を満たしたあとは、ぜひこれから旬を迎えるクルミを食べて、お腹も幸せに満たしてみてはいかがでしょうか。

原作:五十嵐大介「リトル・フォレスト」(講談社「アフタヌーン」所載)
監督・脚本:森淳一 フードディレクション:eatrip 音楽:宮内優里
主題歌:FLOWER FLOWER「夏」「秋」(gr8!Records)
出演:橋本愛、三浦貴大、松岡茉優、温水洋一、桐島かれん
企画・製作プロダクション:ROBOT 配給:松竹メディア事業部
©「リトル・フォレスト」製作委員会
リトル・フォレスト

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

1983年生。ITベンチャーのマーケターを経て、フリーライターに。マーケティングやソーシャルメディア関連の記事を中心に、ライフハッカー[日本版]、MarkeZineなどで記事を書いています。映画を見たり、ゲームをしたり、インドア100%な夫とともに、まったりおうちライフを満喫中。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事