日本語の文字数の多さから、日本国内ではあまり一般的ではなかったタイプライター。

でも、何となくタイプライターってレトロでお洒落なイメージです。洋画に出てきたタイプライターに、憧れた人は少なくないはず。

タイプライターからワープロ、パソコンへと移り変わり、今ではタブレットでどこでも物書きが出来る時代ですが、そんなレトロなタイプライターを現代に蘇らせた素敵なアイテムがありました。



それが、『The Qwerkywriter』。

見るからにお洒落なタイプライターですが、実はこれ、”キーボード”なんです。

キーボードの基盤に、タイプライター風なキートップを付け、全体をそれっぽくデザインをしたキーボード。もちろん、PCに繋いで文字を入力することも、最新の物書き道具タブレットに文字を入力する事もできます。



メインのキートップは、拘り抜いて作られており、その質感はタイプライターそのもの。



現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募っている本製品、1台あたり約3万円から。

Mac/windows両対応で、一般的なUSキーボードと同仕様のQwerty配列84キーなので、日本語入力には困らないかと思います。

コーヒーを片手に、映画の様に物書きをしたい方、1台いかがでしょう?

The Qwerkywriter [Kickstarter]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

デザイン事務所、外資系メーカーを経て、現在建築事務所で建築のデザインに従事。傍ら、個人でもデザイナー、ライターとして活動中。車・靴・カメラ・ガジェットが大好物。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事