泣くためのおうちでストレスフリーに暮らそう

ストレス解消には、たくさん涙を流すといい。

泣くことで、脳が緊張やストレスに関係する交感神経から、リラックス状態の副交感神経へ切り替わり、ストレスの緩和に有効であることが医学的にも証明されているんだとか。

「泣く」ことで、ストレス解消やデトックスを行う「涙活(るいかつ)」が注目されています。その「涙活」を支援する注文住宅、「涙活支援住宅」の販売が開始されました。

思い切り泣ける住宅って、どんなおうちなのでしょう。こんなものが完備されています。

■専用のホームシアター

臨場感たっぷりの大画面とサラウンド効果抜群の音響システムで、映画館にいるような迫力や感動を楽しめるホームシアター。泣ける映画を観て、周りを気にせず、思いっきり泣きましょう。

■セレクトされた泣ける作品

毎月涙ソムリエがセレクトする「泣ける映画」1本、「泣ける小説」1冊、また「泣ける音楽CD」1枚が7年9ヶ月にわたって届きます。

■「涙活」をするために作られたガイドブック

自宅で「涙活」をするために作られた涙活公式本「涙活公式ガイドブック」をプレゼント。涙の解説から、各界のオーソリティが選ぶ「泣ける作品」全11ジャンル59タイトルを一挙紹介まで魅力満載。

さらに、販売元トレジャーホームのスタッフは、感涙療法士の講習を受けた涙の専門家。感動の涙のプロに家づくりのサポートをしてもらえるんです。

日々過ぎゆく中で、「感動の涙」を流すことは意外と難しい。でも、この「涙活支援住宅」に住めば、毎月涙を流し、ストレス解消できますね。

人目を気にせず思いっきり泣いて、ゴロンと寝てしまえばいい。
うん、これはいいかも。

涙活(るいかつ)支援住宅 [トレジャーホーム]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事