折りたたみ自転車もここまできた


折りたたみ自転車と言って皆様が想像するのはどのような物でしょうか。

一般的な折りたたみ自転車は、ホイールをひとまわり大きく、ふたまわり厚くしたサイズ程度に折りたためますよね。

これもそこそこ小さく持ち運び易くなるのですが、世の中にはそれでは満足しない人が居ました。

それがイタリア人のSadaさん。彼が作ったのがこの『SadaBike』という自転車。




まず、ホイールのスポークとハブを取り除く事で大幅な減量に成功。

そして、そのホイールがワンタッチではずれ、なんとたたむと傘に近いサイズにまで出来る折りたたみ機構で驚くほどコンパクトに。




持ち運びやすい軽量のホイールと傘サイズの骨組みの組み合わせ。これならば狭いワンルームに置いても、持ち運んで電車に乗せても邪魔になりませんね。

[Gianluca Sada Bike - Hubless and Foldable]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

デザイン事務所、外資系メーカーを経て、現在建築事務所で建築のデザインに従事。傍ら、個人でもデザイナー、ライターとして活動中。車・靴・カメラ・ガジェットが大好物。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事