ダイソンは川のゴミまで吸い込もうとしていた

吸引力の変わらないただひとつの掃除機、として有名なダイソン。

そのダイソンの次の目標は、海や川に浮かぶゴミだったようです。

まだコンセプトの段階ですが、網と船とダイソンのサイクロンテクノロジーを合わせた「お掃除船」のデザインをダイソンの創立者JAMES DYSON氏が公開しています。




大きいネットで水中のゴミを集め、ダイソンの吸引力で船に吸い込む。船内では吸い込んだゴミをシュレッダーにかけたり、大きなゴミは分別するなどして回収していきます。意外とアナログな方法なんだなぁ。




「このコンセプトはまだまだ考えを巡らせる必要があるけど、きっとうまくいく」と言うJAMES DYSON氏。どんなに小さなゴミもしっかり捉えられるようにしたいそうです。

でも本当は私たちがもっとリサイクルやゴミに対する意識を高めるのが一番大事なこと。そうすれば「お掃除船」なんて作らなくても、いつでも海や川は美しさを保っていられるんですよね。このコンセプトで伝えたいことは、吸引力やテクノロジーの応用だけじゃなくて、実はそういうところもあるのかもしれません。

James Dyson Is Designing A Giant Vacuum-On-A-Boat To Clean Ocean Trash[FAST COMPANY]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

ユニークなもの大好き人間。日々新しい刺激を求めてネットの海をさまよっています。持ち前の好奇心旺盛さでいろいろな事に挑戦中のなんでも屋、の予定です。国内外問わず、とにかくユニークな視点でさまざまな驚きを提供できればと思っています!執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事