美しい書体は眺めているだけで幸せになっちゃう


すらりと美しく洗練された資生堂独自の「あのフォント」。CMや街中の看板、雑誌の広告などで、きっと誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

現在資生堂YouTubeの公式アカウントにて、独自の書体である「資生堂書体」をテーマに制作したスペシャル動画『美と、あそびま書。』が公開されています。



資生堂のポスターやパッケージを彩る資生堂書体は、1916年の意匠部(現在の宣伝・デザイン部)設立以来、100年近く、手書きによって伝承されてきました。資生堂の美学と精神性を表現するために開発された資生堂書体は、現代でも入社した新人デザイナーが1年かけて体得し、そこに通底する美意識を受け継いでいるのだそう。

今まで公に語られることのなかった、この独自の書体に込められた思いをひもとく動画は、伝統に縛られることなく、美と遊ぶ心を忘れることなく磨かれ続ける資生堂書体の魅力を存分に表現されています。

精緻な技術や鉛筆や墨のテクスチャーにいたるまで、すみずみまで美意識が行き届いた1分40秒の動画は、資生堂ファンだけでなく、書体好きにもおすすめ。何度でも繰り返し見たくなるような美しさです。

【スペシャル動画『美と、あそびま書。』】

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

フェリス女学院大学文学部卒業。 10代は新潮社『nicola』で専属モデルを、20代は光文社『JJ』で読者モデルとライターを務める。カルチャーと赤文字の雑種。ファッションや生活に関する彼是はnoteでも書いています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事