'

IKEAのコレクションを持って。さて次はどこに暮らそうかな


立川に新店舗OPENが話題のIKEAですが、「PS コレクション」というラインがあるのはご存知ですか?



誰もがお手頃でより良いデザインを楽しめるIKEAらしさは残しつつ、主に若手デザイナーを起用したコレクションです。1995年より、約3年毎に発表されています。そして、先日待望の最新コレクションが発表されました!



テーマは「ON THE MOVE」。ターゲットは都会に住む若者たち

仮暮らしの小さな家を点々とし、ますます多様化する彼らの暮らし方にヒントを見出したコレクションです。


多機能で、軽くて簡単に動かすことのできる家具は、どんな大きさの部屋にも、どんな用途の部屋にもフィット!



本を置けるラック付きの椅子と読書にピッタリな照明で、その日の気分に合わせて、どこにでも読書スペースを作れます。

そして、靴を履いたり、乗って遊んだり、踏み台にしたり…いろいろな用途が浮かんでくる、スリムなベンチ。



大きくてもカップルでラクラク運べる家具だったら、頻繁に模様替えも引っ越しもしたくなっちゃいそう。都会の窮屈な部屋に暮らす若者のみならず、大きくて、重たくて、不自由なインテリアから開放してくれそうです。



左のネオンカラーが特徴のポスターのデザインを手がけるのは「Scholten&baijings」。彼らはHAY等でも活躍する有名デザイナーです。



カットから溢れ出る光の模様がお部屋の装飾になってくれそう!


このムービーみたいに、家具をおうちから持ち出して、外に自分だけのスペースを作りたくなりそうですね。

4月から世界中の各店舗で購入可能になるそうですが、日本で実物にお目にかかれる日が楽しみです。

IKEA PS 2014 press release via [ IKEA US]
‘IKEA PS 2014′ via [pinterest]
IKEA PS 2014 on the move’ via [pinterest]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

1990年生。‘Beyond Scale’をモットーに規模や分野を超えてデザイン勉強中。変幻自在なバーバパパは永遠のヒーロー。 キッチュなものが大好物。そんな私のちょっと外れた視点から眺めたデザインの世界を綴っていきたいと思います:)早稲田大学大学院在学中。専攻は建築。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事