ウーッのうなりもきみなら許せるよ


何故こんなセンセーショナルなスピーカーが生まれたの?とドギマギしちゃいそうなデザイン。



低音の迫力を生み出すスピーカーの名称「Woofer」は、大型犬やオオカミ、ライオンなど低い声で唸る「woof」という言葉から名付けられているのだそうです。



オランダのデザイナーSANDER MULDERさんは、そんな「ウーファー」の原点に返るかのような、犬型の「WOOFER SPEAKER」をデザインしました。



首から上がスピーカーというか、首が無くなってスピーカーになっている奇妙なカタチ。これが部屋にあったらオシャレというよりちょっとコワイ気もするのですが…。



とても尖がったセンスが求められそうなサブウーファースピーカーシステム犬。日本ではこちらから購入できるそうです。

SANDER MULDER WOOFER SPEAKERS [inthralld.]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

様々な業種で幅広く得た経験を生かして、「いいもの」「いいひと」を「新しさ」「面白さ」でつなぐことをライフワークにセミナー講師やライター業をしています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事