【新社会人・応援ノベル】やさぐれアヤの、今日もごはん作りスギー!

オッケー。認める。また作りすぎている。
テーブルに並んだ料理の山を前に、わたしは、深くうなずいた。

鶏の照りマヨ、野菜スープ、トーストしたフランスパン。にらたま。きんぴらごぼう。筑前煮。
一方、部屋にいるのは、渡瀬アヤことわたし、ただひとり。

「食いきれるかーっ! 多すぎるんじゃーっ!」

わたしは叫んで、コンビニへダッシュ、ジップロックを購入、料理を半分づつ袋に詰め、冷蔵庫を開けた。

しかし中ではあれれっ?! すでに肉じゃが、おでん、鮭のムニエル、餃子、ラタトゥイユなどが押し合いへし合いし、新参者など入る余地はまるでなかった。

忘れてたわー、先に作り置きしたもの食べればよかったー。

などという後悔は後の祭り。アフターフェスティバル。
わたしは少し考え、数少ない友だち何人かに連絡してみた。

「ごめーん、行けませーん」という意味あいの謝罪スタンプが、一斉に送られてきた。

友は全滅だ。

じゃあ彼氏……って、そんなのいないし!
親……新幹線で5時間かかるし!

……窓から投げ捨てるか。
それとも喰らいまくるか。胃が破れるまで。

くすん。なんでいつもこんなに作っちゃうんだろう。
答えは決まっている。料理が好きだからだ。



先ほども紹介させていただきましたが、わたしの名前は渡瀬アヤ。
先々月23歳になったばかりだからまだほとんど22歳の、社会人一年生。

Web制作会社でデザイナー見習いをしているんだけど、毎日忙しいのなんの! すごいのよ。
そもそも地頭が悪いんで、仕事は遅いし、しょっちゅうポカミスするし。

ストレスが溜まる。きっと周りは、わたしのせいでわたし以上にストレスが溜まっていらっしゃることでしょう。誠にもって遺憾の限りです。

そのわたしの唯一のストレス発散法が、料理。
ぼっちのわたしには予定なんてないから、週末はずっと料理してる。

最初は、常備菜の作り置きを、一週間分作ってただけだった。

しかし、すぐに、クックパッドからカリスマ主婦ブロガーのレシピからオリジナル料理まで、いろいろ作るようになっていった。

そして今。
わたしのインディアンネームは「作りすぎる女」。

料理って、一人分の量しか作らないのは逆に難易度高い。どうしても最低二人前くらいになる。
それに、どうしても複数作りたくなる。

だから、作った後は、料理の山を目にして呆然とする。
やっべ。マジでこんなに作っちゃったの?

……とりあえず写真でも撮っとくか。

せっかくだから、スマホじゃなくて、本格的なカメラで撮るか。
よーし。明日電気屋に行って、カメラを買ってこよう。



な、なんなの!? この美麗写真!
背景が柔らかくボケて被写体が浮かび上がる。明るい。色が綺麗。

ビビった。店員に奨められるままに予算を大幅にオーバーして買ったデジタル一眼、マジ半端ない。
オートで撮っただけなのに、このクオリティ。使いこなしたら、どんだけプロっぽくなっちゃうわけ?

わたしは、仕事が終わると、撮影テクニックをWebで検索したり、テーブルクロスやお皿を新調したり、いろんな構図で料理を撮ったりするようになった。

写真をアップするブログも作った。写真に簡単な日記とレシピ(または参考にしたサイトへのリンク)を加えて、公開。

仕事で覚えたソーシャルメディアマーケティングってヤツで、TwitterとFacebookとInstagramとPinterestで更新を告知。レシピブログにも登録。

そんなことをして、作りすぎの罪悪感を、少しだけ軽くしていた。



しばらくすると、会社の人たちから、

「ブログ見たよー」
「あれアヤちゃんが作ったの?」

などと声をかけられるようになってきた。

「すっごく美味しそう! それとボリュームもあるよね」
「そうなのよー、いつも食べ過ぎちゃうし、どんどん肥え太っていっちゃうー。デュフフ」
「もったいないよー」

そのうち、

「作りすぎた分、会社に持ってきなよー。食べたいー」

と言われるようになってきた。真面目な子からは、

「食材費は出すから」

と真剣な眼差しで言われたりもした。

何日か悩んだ後、ある日わたしは、料理をタッパーに入れて、恐る恐る会社に持っていった。

ランチタイムにカフェスペースで、タッパーを開ける。
いつものランチ仲間が、歓声をあげた。

「これ、昨日のブログに出てた『カレー風味のロールキャベツ』と『鶏つくね入りきんぴら』ね!」

わたしは判決を待つ囚人のように、縮こまった。
料理が、みんなの口に運ばれる。

「美味しい!」
「最高!」
「女子力高い!」

ホッ……とりあえず成功でした……

このランチパーティは、週イチくらいのペースで開催された。
食べに来る人も、どんどん増えていった。

誰かが、「アヤ基金」なる募金箱も作ってくれた。ほとんどの人が、いくらか入れていってくれた。それは恐るべきことに、収支的には少しだけど黒字になるほどだった。

総務からは何も言われない。派手にやらなければ黙認らしかった。



そんなある日。

「アヤちゃーん」

と呼ばれ、振り向くと、お洒落パイセンがいた。

お洒落パイセンは弊社の看板デザイナー。何度も賞をとったことがある、業界では有名な人。
お洒落風な無精髭を生やし、お洒落そうなシャツを着て、お洒落げなメガネをクイックイッとさせている。

ハッキリ言って、雲の上の人すぎて、畏れ多い。
同じ部署ながら、会話をしたことすらない。

そんなお洒落パイセンが、いきなり話しかけてくるもんだから、わたしはすっかりびっくり仰天して、

「はい、なんざんしょ」

と、語尾がおかしくなってしまった。

お洒落パイセンはものすごく親しげに、こう話を切り出してきた。

「アヤちゃんさー、今度ウチのホームパーティで、フード担当してくれないかなあ」

「はて、いってえなんのことで?」

「うん、ボク、ときどき家で仲間とポットラックしてるんだけどね、アヤちゃんのTumblr見て、ピンと来ちゃって。もしよかったら、来月のパーティで、キミの料理を振る舞ってくれないかな、って」

「あっしがですかい?」

「もちろん、都合がよければだけど」

あっし、いや、わたしの中で、「面白そうじゃん!」という声と、「無理無理! コンビニの弁当解体して並べた方がマシ!」という声が争った。

しかし、しばし悩んだ後、わたしは、出張コックをやってみることにした。



出張コック当日。
わたしは前日の仕込みが詰まった荷物を抱え、お洒落パイセンの家に行った。

「参上つかまつったでござる」
「やあアヤちゃん! 待ってたよー。キッチンはこっちで、食べ物を並べるのはこのテーブルの上でよろしくー」

今日は15人くらいの「仲間」が来ると聞いていた。
その人たちが来る前に、とりあえず仕込み料理を温めて並べる。

ほうれん草のキッシュ。とろとろラフテー(あさこ食堂)。ピンチョス四種類。かぼちゃのサラダ。

少しすると、趣味の良さそうな男女が集まってきて、お洒落パイセンにハグしたり、おみやげのワインを渡したりしはじめた。

わたしはキッチンに入り、料理にとりかかる。

ナスのベーコン巻きとベーコンのナス巻き(ウケ狙い)。エビのアボカド和え。バーニャ・カウダー。トマトパスタとレモンパスタ。中東風チキンライス(URAMAYU)。トスカーナ・フライドポテト(dancyu)。和風海鮮パエリア(MOCO’Sキッチン)。カップケーキ。チョコレートプディング。

お洒落パイセンによると、今日来ている人たちは、デザインや編集やマーケティングの世界の、「結構すごい人たち」らしい。
つまりプチセレブだ。

そんなセレブに混じっている、わたし。
もちろん、ただのコックなんだけど。

みたいなことを考えていたら、急に、髪の長い、素敵な先輩って感じの女性が、キッチンにやってきた。

「こんにちはー。今日の料理、とっても美味しいわー」

照れるわたし。

「あ、どうも、ありがとうございます……」

「あなたが、あのアヤさん?」

「はい。渡瀬アヤといいます」

と返事をして、あれ? と思った。

「あの、『あのアヤさん』って……?」

「下田くんがすっごい自慢してたのよ。『今日のフードは、料理ブログ『やさぐれアヤの、今日もごはん作りスギー!』のアヤさんが作ってくれるんだよ!』って」

下田、というのは、お洒落パイセンの苗字だ。

いきなりブログ名を言われて、わたしは、恥ずかしさで顔から火が出そうになった。
この羞恥プレイはないわー! こんなことならもっと普通の、「アヤズ・キッチン」とかの名前にしとけばよかった!

わたしがヘナヘナになって返事ができなくなっていると、機会をうかがっていたかのように、キッチンに次から次へと人がやってきた。

「アヤさんはじめまして! 今日はごちそうになります」
「全然やさぐれてないじゃん。可愛いよー」
「さっきから美味しくて美味しくて……最高ですっ!」
「今日も作りすぎてますねー。いっぱいあって嬉しい!」
「なんでもお手伝いしますよー」
「飲んでる? お酒持ってきましょうか? 何にします?」

人だかりの向こうで、お洒落パイセンが、うなずいて微笑んでいる。

わたしはひたすら恐縮し、料理を作り続けた。

訪問の波が一段落したとき。

ふ、と。

誰かの視線を感じた。
キッチンの入口を見る。

わたしと同世代くらいの男性が、立っていた。



男性が会釈した。
わたしも会釈した。

背が高い。180cmくらいありそうだ。まつ毛が長くて中性的な顔立ち。

男性が、低い声で言った。

「美味しいごはん、ありがとうございます。でも、頑張りすぎないで、休んでくださいね」

ドキッとした。

「い、いえいえ大丈夫です。もうすぐ全部終わるんで……」

わたしは精一杯の笑みを浮かべた。

「ところで……」

男性が、さぐるように、話を続けてきた。

「はい?」

「アヤさん、動画ブログには興味ありません?」

「どう? が、ぶろぐ?」

「ええ。動画ブログ。俺思うんですけど、料理のブログって、動画の方がいいと思うんですよね。初心者だと、例えば『ブロッコリーを小口に分ける』と言われただけじゃわからないし、動画だと外国人もなんとなく理解できるし」

どうがぶろぐ。
料理を動画で。

考えたことがないわけではない。わたしも料理をはじめたばかりのころ、YouTubeなどで動画の料理教室にかなりお世話になった。

でも、いざ作るとなると……映像の撮影やら編集やら、全然わからない。

「簡単ですよ。三脚でカメラを固定して、料理を作りながら撮影して、ソフトで動画を切り貼りして、YouTubeにアップするだけ。ちなみに家の回線は?」

「モバイル回線でいいやって思ってたんですけど、光回線に入りました。すっかり快適です」

「なるほど、動画コンテンツを作るネット環境はほとんど整ってますね」

「……でもわたし、動画って本当にどうやっていいかわからなくて」

「持ってるパソコンはMac?」

「Macです」

「じゃあiMovieで。すぐ覚えられますよ」

男性には全然悪気や下心はなさそうだった。
いや……あってもいい、っていうか……

わたしは、なんだかモジモジしていた。

「じゃあちょっと頑張ってみます……でも、観る人いるかなあ」

「いますよ!」

男性の声が一段階大きくなった。自分でも意外だったらしく、顔を赤くして口元を押さえる。

可愛い。

「あ、ごめんなさい……でも、いますよ。少なくとも、俺は、俺が、観たいです」

わたしは顔を上げた。
男性と目があった。

少しの間、沈黙が流れた。
こういうの、天使が通るっていうんだっけ。

男性は、言葉を選びながら、こう言った。

「もしよかったら、あの、今度、お茶しながら、動画の編集やアップロード方法を、レクチャーさせてください。最初にひととおりわかっちゃえば、すぐに自分でできるようになりますから」

今度、お茶しながら……

これって、デートのお誘いじゃ……!?!?

お洒落パイセンが、ひょっこりと顔を出してきた。

「アヤちゃーん、こいつツヅキっていうんだけどさー、今フリーだから、よろしくね」

去れよお洒落!!! 今いいトコなんだからよ!!!

【完】




新生活にインターネット。その先には新たな出会いの予感がします。

NTT東日本のインターネット接続サービス「フレッツ光」(PCで見ている方)
NTT東日本のインターネット接続サービス「フレッツ光」(スマホで見ている方)

Photos by 木村和平

この記事をシェアする: