色の見え方って、人によってこんなに違うの?

Photo by Getty Images

あの人の目からはどんな風に世界が映っているのだろう…。

他人の色の見え方をシミュレーションしているアプリ、「色のシミュレータ」のご紹介です。



様々な色覚特性を持つ人の色の見え方を体験するための“色覚シミュレーションツール”として、医学博士・メディアデザイン学博士である浅田一憲氏により、色彩学の理論を使用して開発されました。



春らしい、色鮮やかなTETE HOMMEのジャケット。

実はこの4つの区分、同じアイテムを見ているのです。色の捉え方が様々なのがわかりますか?

男性の約5%が、赤と緑の色の区別がしにくい、濃い赤が見えにくいなどの色覚的な特徴があると言われています。

色覚タイプには主に、C:一般型P:1型D:2型T:3型の4種があることが知られており、それぞれのタイプや強度によって色の見え方が違うよう。

また、1~3型の色覚タイプを持つ人は、一般型の人なら異なって見える多くの色が、同じ色に見えてしまうという特徴があるとのこと。



別の被写体をかざしてみましょう。こちらは、加藤和孝氏の銅版画です。

Cが一般的な見え方に対して、PとDは赤が茶色に、また緑も茶色のように見えます。逆にTは全体の色バランスが白と赤と緑のような世界です。



もう1枚は本来、青のグラデーションのTETE HOMME×beauty:beastのデジタル迷彩Tシャツ。Tはまるでカーキのような色合いです。

1つのものを撮っても見え方がまったく異なることに驚くと同時に、このアプリのすごさに感心しますよね。

また、これらの色の見え方は、色を感知する錐体細胞の働きを計算することによって、ある程度予測することが可能とのこと。

ダウンロードは以下からどうぞ。

色のシミュレータ

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

アートとファッション、インテリアが好きな広報&ライター。「人」が生み出すものに敬意を払いつつ、より良くお伝えできるよう心がけています! 執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事