キーボードが焼けるワッフルメーカー


大食いのギークに似合います。

キーボード型のワッフルが焼けるワッフルメーカー「Typewriters」。キーボードの形状がそのままワッフルの凸凹になっていて、見た目も美味しそう!

ちゃんとスペースキーやエンターキーが再現されているのが良いですね。

PCでコードを書きながら、キーボードワッフルをモグモグ食べてみたい。「Typewriters」はChris Dimino氏によるコンセプトデザインです。

[Coroflot.com]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

GIZMODO JAPANの翻訳ライターでブログ「URAMAYU」の人です。 渋谷のクリエイティブ・エージェンシー勤務、広報・プランナー。趣味はHDR写真とブログとジョギングとお酒です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事