もしもアップルがコーヒーカップを作ったら…?


iMac、iPod、iPhone、iPad

知らない人はいない“i”な商品。アップル社のデジタルガジェットたちのおかげで、人々の生活は大きく変わりました。

そして2014年。満を持して「iCup」の登場?



見事なアップル社のリンゴ型のコーヒーマグ。もちろんセットのティースプーンもリンゴです。

でもこのiCupの機能はジョブズの顔のラテアートをつくることではありません。なにが“i”なのでしょうか?



ん? ライトニングケーブルが見えます。どうやらこのコーヒーマグに挿さるようですね。



そう、このカップソーサー、実はカップウォーマーの機能がついてます。USBケーブルからの給電で発熱する仕組みです。

ということでiCupはLightningケーブルを利用したカップウォーマー機能付きのコーヒーマグでした。

残念ながらコンセプトなので、販売はされていません。アップルの本社にだけあるThe Company Shopで取り扱いが始まったらいいのに…なんて思いました。

Apple iCup Concept[Behance]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

映画と音楽とWebの世界に溺れる2児の父。映画をベースに音楽・ファッション・アートなどを扱ったWebマガジン「Cinetunes」、地元福井を情緒的に紹介するローカルWebメディア「I'm here」、発達障がいや精神障がいにちょっぴり役立つ情報を発信するWebサイト「チクとテト」を運営中。実は本業は不動産屋です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事