朝ごはん用にりんごを煮てみた


長野の実家からたくさんのりんごが届きました。



一気に全部は食べきれないので、そんなときは砂糖やレモン汁などを加えて煮ちゃえばいい。



小さいりんごの「アルプス乙女」は、このサイズがかわいいので、そのまま「コンポート」に。砂糖、レモン汁、水を加えて火にかけます。

この「りんごのコンポート」を使ったアレンジメニューを3つご紹介。いつもの朝食プレートに元気な“赤”が加わります。


まるごとりんご入りのヨーグルト

水切りしたヨーグルトにのせるだけで、見た目にも楽しくなります。

ヨーグルトは水切りするだけでまったり濃厚になって、りんごのような酸味のあるフルーツを煮たときにはぴったり。


りんごのクリームタルト

クリームと一緒にタルト生地に包んで焼きます。タルト生地はバターではなく、なたね油で作ったもの。

バター入りよりも風味は少し落ちますが、なたね油の方が作るのが楽な気がする。サクッというよりは、ザクッとした感じです。

「アルプス乙女」のコンポートは酸味が強めだったので、シンプルに甘いミルククリームを作って合わせました。カスタードクリームでもおいしいと思いますよ。


りんごのマフィン

コンポート以外にも、りんごを小さめに切って多めのシナモンと一緒に煮ておきました。それを生地に混ぜて、上にはコンポートにしたものをのせて焼いたマフィン。焼き上がったとき、シナモンの良いにおいが広がります。

りんごの他にも、ぶどうやいちごなど、食べきれないフルーツがあるときには、とりあえず煮て保存しておけば、後でいろいろなことに使えます

好きな音楽を聴きながらのんびり煮るのがオススメ。

保存したフルーツをうまく使うことで、朝ごはんのバリエーションが広がりますよ。

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

1983年生まれ。長野県出身。多摩美術大学卒業後、ジュウ・ドゥ・ポゥムのデザ イナーとして仕事をしながら、2013年「EMPAPURA PLUS」を立ちあげる。著書に 『TODAY'S BREAKFAST』(主婦の友社)、『I MAKE BREAKFAST』(ジュウ・ ドゥ・ポゥム)など。1児の母。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事