月間と週間の両方を見られるべんりな手帳


そろそろ、買わなければという季節がやってきました、スケジュール帳。

最近はスマートフォンなどに押され気味ですが、やっぱりアナログでないとねえ、という人も多いはず。でも、コレという一品に出会えていない人もいるのでは?

今回ご紹介するその名も『イレコ手帳』は月間と週間の両方ページを同時に見られる、超便利な手帳なんです。



これが表紙。で、中を開くと最初の写真のようになっています。



こんな風に月間ページの見開きに週間スケジュールが挟まっています。と、簡単に言いましたが、このような製本は非常に難しく、たくさんの印刷所に断られたのにもめげず、開発期間3年を経てついに2014年版が発売となりました。

こちらを作ったのは、プロダクトデザインユニット「TENT」。2010年8月に結成し、東京、愛知、ストックホルムの3都市で活動している3人で構成されています。「それぞれの都市での日常の生活と仕事からインスピレーションを得てアイデアを形にする」をモットーに活動しています。

このTENTのもうひとつのプロダクトが『KATSURAMUKI』。



ロールペーパーを自由に切り取ってメモに活用できる、おしゃれで優れモノのステーショナリー。レシートでおなじみのロールペーパーは、手のひらサイズで大きさもほどよく、ぺらっとした素材感もメモ用紙にぴったりだということから生まれました。



横から見るとこんな風です。



するするっと紙を引っ張りだして。



ちょうど良い長さでぺりっと破き、



メモる。

シルエットが白い大根を薄くカットする、かつら剥きに似ているところから『KATSURAMUKI』というネーミングにしたそう。



アイデアをデザインし、形にする。

センスと根気がすばらしい、TENTが生み出すプロダクト。しばらく目が離せませんね。

『イレコ手帳』『KATSURAMUKI』は、こちらのサイトで購入できます。

TENT

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

京都・一乗寺のギャラリー・カフェ&アートショップ「Black bird White bird」キュレーター。編集者として出版社、編集プロダクションでの東京勤務を経て、2013年独立、現在は京都在住。アート、デザイン、ものづくりに関わる人の情報交換や発信のお手伝いをしたいと思っています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事