'

下が丸見え、超ガクブルなシカゴの空中バルコニー


怖いもの見たさ、ってありますよね。



地上100階を超える高さのビルがあったら、窓から見える景色を楽しむだけじゃなく、床下をシースルーにして宙に浮いてみたい、と思うのは当然ではないでしょうか。




イリノイ州はシカゴにある、地上442メートル、108階建ての超高層ビル「Willis Tower」の103階には、まさしくそんなガラス張りのスカイデッキがあるんです。




ガラスの箱で出来たバルコニー。壁も床も天井もすべてが透明ですので、立っても座っても寝転んでも、まるで宙に浮いているかのよう。




大勢が訪れるこのガクブルな観光名所、コワイと感じるか楽しいと感じるかはあなた次第です。以前にルーミーで紹介した中国の「もはや恐怖でしかない天空の路」よりは怖くはないと思いますが…。

Amazing balconies of Willis Tower (Formerly Sears Tower) [HOME DESIGNING]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

様々な業種で幅広く得た経験を生かして、「いいもの」「いいひと」を「新しさ」「面白さ」でつなぐことをライフワークにセミナー講師やライター業をしています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事