ギネスに載った世界一の個人宅イルミネーション


個人でここまでできるとは…。

2013年11月22日に発表されたギネスレコードに、個人のおうちのイルミネーションとして世界一に認定されたのは、オーストラリアはキャンベラのDavid Richardsさんと奥様のJaneanさんのおうち。

既に33万1038個のライトを使って、2011年にギネスレコードを達成していますが、1度、別のファミリーにこの記録を塗り替えられてしまい、この度、50万2165個のライトのイルミネーションで再び、レコードを更新したんですって。

そして、国内外からDavidさんのおうちのイルミネーションを見に、たくさんの人が訪れるのだそうです。

このイルミネーションは、乳幼児突然死症候群(SIDS)で突然、お子さんを失った家族のためのチャリティという目的のもと行われており、これまでに集まった7万8000ドルは寄付されたようです。

動画を観ると、まるで遊園地のようですね。これが普通のおうちの飾りつけだなんて、ビックリです!

キラキラと輝くイルミネーションを見て、幸せになる。そして、その幸せを誰かに分けてあげられる。そんな素敵な世界一のイルミネーションなのでした。

CHRISTMAS LIGHTS WORLD RECORD RECLAIMED IN AUSTRALIA [GUINESS WORLD RECORD]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事