アディダスのサッカー用義足がすごくかっこいい


目的別に特化したデザインがあるほど、日進月歩している義足の開発技術。

両足ともスポーツ用の義足を付けて短距離を走る選手もいます。まだコンセプト段階ですが、今度はサッカーができる義足が登場しそうです。



Aurélien Dantinさんがデザインしたサッカー用の義足。もはや義足に見えません。最初はすね当て付きシューズかと思いました。



ランニング・ブレードと呼ばれる短距離走者がつかう義足がベースになっています。



そのランニング・ブレードの足先は、強度を高めるためチタンで覆われています。



さらに足先を覆ったチタンは、ボールをけれるようにシューズ状の形状になっています。もちろんソールにスパイクも付けます。



通常のサッカー用シューズの様に複数のモデルもあります。



こちらは世界中のビッグクラブ仕様モデル。グッと雰囲気でますね。

いつかこれを付けたサッカー選手がビッグクラブでプレーしたり、ワールドカップに出場したりするのでしょうか。とても楽しみです。

The Impetus leg prosthetic[YANKO DESIGN]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

映画と音楽とWebの世界に溺れる2児の父。映画をベースに音楽・ファッション・アートなどを扱ったWebマガジン「Cinetunes」、地元福井を情緒的に紹介するローカルWebメディア「I'm here」、発達障がいや精神障がいにちょっぴり役立つ情報を発信するWebサイト「チクとテト」を運営中。実は本業は不動産屋です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事