球を転がして温度を変える、美しい水道栓


蛇口なんて水とお湯を出すだけじゃないか。

なんて思っているなら、この美しいデザインにいい意味で裏切られちゃってください。

Smith Newnamさんによる2008年の斬新なインダストリアルデザインの「RIPPLE FAUCET」。まるで水の波紋を想像させるようなエレガントなデザインです。



メタルボールがセンターにある時には栓は閉じられた状態です。

センサーがボールの位置を読み取って、「波紋」の外側に移動するほど水の量が多くなります。右に移動するとLEDが青く光って水が、左に移動するとLEDは赤く光ってお湯が出るという仕組み。



どれくらいの温度でどれだけの水量が出ているかをLEDの色とボールの位置で視覚情報として認識できるという優れたコンセプト。見た目にもクールだし、これはぜひ製品化してほしいですね。

RIPPLE FAUCET – A VISUAL PLEASURE [ConcepTrends]
RIPPLE FAUCET [COROFLOT]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

様々な業種で幅広く得た経験を生かして、「いいもの」「いいひと」を「新しさ」「面白さ」でつなぐことをライフワークにセミナー講師やライター業をしています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事