コカ・コーラの飲み時を教えてくれるパッケージ


世界中の人たちに愛される飲み物、コカ・コーラ。

様々な商品を開発したり、社会をあっと言わせるユニークなプロジェクトを次々に発表していますね! 

先日、アメリカで開催された食品や飲み物などの展示会『2013 NACS Show』で、新しい缶のデザインが発表されたそうですよ。

そのコンセプトは、『コーラを飲むための最適な温度』、『飲み時』を教えてくれるもの。

缶の温度によって色が変化する特殊なインクが施されており、温度が7度~8度くらいになると、缶にブルーの氷のような絵が現れます。これが飲み頃のサイン。もう飲めるかな?などと考えなくても、一目瞭然ですね。

缶のデザインやアイデアも含めて、これからも、きっと、進化するコカ・コーラ。彼らの活動から目が離せません!

Coca Cola’s Chill Activated Can and Sixer [the dieline]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事