一生書き続けられるスマートでエコなペン


人類の夢のひとつ、永久機関。外部からのエネルギーを追加することなく動き続ける究極のエコ機関のことです。永久機関とまではいきませんが、一生インクの補充なしで書き続けられるデザインを施されたペンが存在しました。その名もBeta Inkless Pen



鉛を使用した特殊な芯でできていて、グレーの線を延々書き続けられるそうです。鉛筆の様に削る必要もなく、他のインクペンの様にインクを追加する必要もありません。しかも消しゴム等で消すこともできません。



その他にも携帯用にキーホルダータイプのミニペンもあります。キーチェーンにつけておけば「芯がない! インクがない!」って状況が発生しないんです。

見た目のデザインも良しの、まさにスマートエコペン。ペンケースにひとつ忍ばせておくだけで安心感が違いますよね。購入はアマゾンでもできます。

[Jac Zagoory by beta Inkless Pen]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

映画と音楽とWebの世界に溺れる2児の父。映画をベースに音楽・ファッション・アートなどを扱ったWebマガジン「Cinetunes」、地元福井を情緒的に紹介するローカルWebメディア「I'm here」、発達障がいや精神障がいにちょっぴり役立つ情報を発信するWebサイト「チクとテト」を運営中。実は本業は不動産屋です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事